『さようなら原発1000万人アクション そしてキャンドルナイト』

2012年2月11日。
東京代々木公園で行われた『さようなら原発1000万人アクション』。
これはノーベル賞作家の大江健三郎さんなどが呼びかけて始まった市民行動。
原発を早期に停め、自然エネルギー中心の社会を作るための、一大プロジェクトです。
代々木公園での集会には大江さんをはじめ、落合恵子さん、山本太郎さん、
また福島からNPO法人代表など、多くの人がスピーチ。
そのあと原宿~新宿明治公園などの2手のルートに分かれて、都心をパレードしました。

主催者発表では12000人とも15000人とも言われる人々が集まって、
原発とめようの声を上げました。
東京だけでなく、日本各地で同時に集会が持たれたはずです。

私は今日は、原発の是非を問う都民投票の署名集めを自分の住む街で
1時間ちょっとやって、それから代々木公園に向かいました。
電車の急行ヘの乗り換え駅ををうっかり通り過ごしてしまい、
集会の会場に着いたときには、もう大江さんのスピーチはすんでしまっていました。
それでも、落合恵子さんの説得力あるスピーチは聞くことが出来ました。

2012_0211_143523-CIMG6495_convert_20120211234617.jpg

今日は鳴りものが少なく、また警察官機動隊の数も少なく、
なぜか非常に規制が緩やかでした。昨年は3回デモに参加したけれど、
警官の誘導がこんなに少なかったことはなかった。
いつもなら、たぶん参加者を少なく見せるという効果も狙ってか、
信号のところで隊列を短く分断していく。
デモ隊が車道にはみ出ないように、警官がずらっと並んで規制するのですが
今回はなぜ?か信号で止まるということもほとんどなく、警官の代わりに
三角コーンが並べられているだけというところが多かった。
デモ隊も整然としていて、あっという間に終点まで着きました。


2012_0211_152623-CIMG6502_convert_20120212000734.jpg


2012_0211_152551-CIMG6501_convert_20120212001031.jpg

印象的なプリントを施した、揃いのパーカーを着た若い男性二人。
小さな女の子に、分厚いコートを着せ、防毒マスクをつけさせている母親の姿が描いてあります。
子供は、「何が起るの おかあさん…」と不安げに訊ねています・・・

まさに。福島で子どもを抱えたお母さん方は、このような悲しみを日々抱いて
生きてらっしゃるのだろうと思います。
これを何とかしないでいられるでしょうか。
日本はこれに近い国になってしまったのです。
 


昨年9月19日。主催者発表で6万人を集めた集会にはかなわなかったけれど、
何とかして原発をやめたい!という一人一人の願いの強さは、以前にも増して
強くなっていっているような気が、まわりの人の会話などから感じられました。

世話役を務めてくれていた人々の誘導もうまくなり、また今回は、
プラカードなど何も持たずに参加している人々のために、『原発いらない!』
などと大きな文字でプリントアウトしたしっかりした紙を配ってくれたのも
なかなか行きとどいた配慮だったと思います。
私も貰いました。また次のデモの時にも持って行きましょう…


一方。
東京都に原発の是非を問う都民投票をおこなってくれるよう請願した、
先の『原発都民投票』の結果ですが、まだ最終的な数字は出ていないものの、
必要法定数の約21万人を大きく越え、2月10日現在で279881筆集まりました。
無効になるものを見越して、30万筆が目標でしたが、14日まで着の分を
集計すれば、その数に達するのではないでしょうか。
さらに、私の住む市などは選挙があったためスタートが遅く、3月下旬まで
署名集めが続きます。それらも加算されますので。

私が、今日までに集めた署名は93人分。
今日は、大江健三郎さんなどの提唱する『脱原発を実現し、自然エネルギー中心の
社会を求める全国署名』を1000万人分集め、総理大臣と衆参両院議長に
送りつけるという活動。そちらの署名も7名分集めて来ました~。

石原都知事は、この30万もの都民の意志を無視しようとしているようです。
原発に代わるエネルギーの代案もないのに、センチメンタルに騒ぎ立てているだけ、
などと評して、原発の是非を問う都民投票を行うための条例制定にはまったく
否定的なようです。
それでも、大阪で、東京で、これだけ多くの人が意志を表した、ということの
意義はとても大きいと私は思うのです。
この署名が法定数集まると集まらないでは、大変な違いがあると。
これは、日本人が、自らの意志を政治に伝えて動かして行こうとする、
日本人の、いわば『政治的自立』の第一歩であると私は考えているからです。

明日また、街頭に立ちます。




さて。今夜は11日。キャンドルナイトです。

また、バナーお借りします。
葉っぱさん、れんげちゃんのバナー。


心ひとつに キャンドルナイト



こちらは、NANTEIさんが、こころをこめてお作りになったバナー。
お借りします。

バナー南亭


2012_0211_220150-CIMG6521_convert_20120211225304.jpg





そして。

今日の結びに。


2012_0208_165455-CIMG6479.jpg












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 葉っぱさんへ

葉っぱさん。ありがとう~。ごめんね。
自分の中身書いてないコメント消そうとして、ぽちっと葉っぱさんの方
消しちゃったの。あれあれ~~~~っ!!!って感じ。

ねね。菅さん叩き、いつまでやるかって感じですよね。
でもね、それがまた、凄い効果発揮するんですよ~!!!
『原発に反対したり市民運動なんかする人間は、すごいエキセントリックで
狭量で、ひとの言うこときかない変人で、大局を見ることが出来ない人』
という感じをみんなに植え付けるのにね。
そして、菅さんを非難する人は、『物事を大きく捉えることが出来て
行動も的確かつ迅速で、間違いなどしない!という印象』を与えるのにね。
そのために使われているような気がします。
おいおい待ってよ~。あなたたちが原発推進してきた張本人でしょ!って言いたいです。

こういうのって、イメージ戦略なんです。
一度傷つくと、その悪いイメージはなかなか消えない。
これはまあ、反原発派の人もやることかもしれない。
そういうふうに、本当に議論すべきことから焦点がずらされていって、
低次元のつまらないところでわあわあ言っているうちに、国民にとっての
不幸は進んでいくのでしょう。怖くて悲しいことですよね。
昨日もいろいろ考えちゃいました・・・

葉っぱさん。ありがとう~。

No title

v-22え~~~~~消したぁ~~~?w
ま、いいか

ネネ、なんで今ごろ管さんの話がって思うでしょ?
今の総理に対して先にけん制をしているのか?
なんででしょ
だって言うべきこと、失敗した人はわんさかいるのに!
葉っぱもやり方はともかく、管さんの狙いは大いに評価しています

怪しいですよね・・・コワイ

あ、お返事いいです、独り言なんで

Re: 葉っぱさんへ

葉っぱさん。おはようございます。
葉っぱさん。謝らなくっちゃいけないの。
今朝、ぼうっとしてて、コメントにお返事書こうとしてたら、
中身をなにも書かないまま、どこか押したら送信になっちゃって、
それで慌ててたら、間違って葉っぱさんのコメントまで消してしまいました!
ごめんなさいっ!i-238i-201i-201

それですので、前にいただいたコメントにお返事させていただきますね。
ほんとにごめんなさい。

民間事故調の報告に関して、また、菅さん批判が噴き出していますよね。
葉っぱさんも変だと思いになります?
でしょ?でしょ?
それはね、菅さんは事故当時の総理大臣だったわけですから、対応がまずければ
批判されるもう運命ですね。
確かにたくさん対応ミスしてると思う。
事故調の言ってることの一部は否定できない面もあると思う。
バタバタしていたとかね。でもそれはあまりにも重大な危険性を認識したから。
それなのに、肝心の東電や斑目原子力安全委員会委員長初め、どの専門家と
言われるひとも誰一人あてにできなかったから。
だけれども、それで勢いづいて、他の人びとが、それも推進派の当人たちが
菅さんの批判をまたぞろやり始めたのには納得できませんね。
自民党、公明党とかね、民主党も大多数は推進派ですからね。
特に自民党の人々などは自らが推進してきた責任をどう考えているんですかね。
津波の危険性だってちゃんと指摘されていたのに、全電源喪失だって考える機会は
いくらでもあったのに手を打ってこなかった。『想定外』という逃げ言葉ばかり。
ちゃんと想定して危険性を指摘していた人がいたのに!

マスコミも、自分たちの間違い報道は棚に上げて、またぞろ菅批判。

本質は違うでしょ。どこを見てるの、と言いたいです。
ただ菅政権の、住民の安全への対応は、まずいことだらけですね。
それについては、私もどうしたって弁護しきれません。
事故の前の年、原発の数を増やして、外国にも輸出しようとしていたこととか、
TPPのこととか。
ただ、事故が起きてからの原発への認識は、高く買います。
それで、菅さんを応援しているようなものです。

あああ。日本の政治家。立派なひとが出てこないものかなあ。
昨日はね、原発都民投票の発起人にもなってらっしゃる、社会学者の
宮台真司さんの講演会に、水道橋まで行って来たんですよ。
私にしては珍しい夜のお出かけ。^^
そこでもいろいろ考えさせられました…。国民投票となるとね、
私、諸手を挙げて、やろうやろう!という気持ちになれないんですよね……
憲法第9条をいじりたい人々…改憲の国民投票に利用されて繋がっていきそうで…

葉っぱさん。ありがとうございました。そしてごめんなさい!v-436

Re: 左官屋女房さんへ

こんにちは♪
いつもすてきなポスターにしてくださり、ありがとうございます。
私などはただ、勝手にアップしているだけなのだけれど、
左官屋女房さんにはいつもお手間をおかけして、お気持ちの上からも
ご負担でいらっしゃるのでは、と申しわけなく思っています。
お風邪とのこと。お体大丈夫でいらっしゃいますか?
あちこちでインフルエンザやお風邪という話を聞きます。
どうかご無理なさらず、暖かくしておいでになられてくださいね。

ほんと、もうすぐ一年。
それなのに、と言いますか、もう、と言いますか、
民主党も自民党も、一年経たずして早くも『脱原発』から
冷めていく方針、って今朝の朝日新聞に出ていました。
あああ!という感じです~…

お風邪、どうぞお大事になさってくださいね♪
ありがとうございます♪

No title

キャンドル画像を、いただいて帰ります。
2月のあらかじめのポスター作りは、風邪でダウンのため、実行出来ませんでした。うううう。
来月は、ちょうど1年。
日本全国で、いろんな動きがありそうですね。

Re: その日暮らしさんへ

その日暮らしさん。こんばんは。
はい。おそらく法定数には達すると思うので、第一段階は過ぎました。
しかし、これからがたぶん大変。
石原さんと都議会は、恐らくこれを無視するんじゃないでしょうか。
それでも、大きな意味はあったと私は思っています。
こうした成功体験を一つひとつ民衆が積み重ねていくことが大事だと思いますので。

3月にはすべての原発が止まった状態になりますね。
今まで、喧伝してきた『原発ないと昭和30年代の不便さに戻る』とか、
『原発いらないというあなたは電気を一切使わないのか?』などという
嘘っぱちと恫喝はいったい何だったのでしょう…
そうしてその結果が、…今の日本のこの悲しい状況ですものね…
この理不尽を、どう表していいのか…

その日暮らしさん。ありがとうございます。

No title

 こんばんは…

 原発の是非を問う住民投票の条例制定に向けて一歩前進したというところですね。ご苦労さまでした。
 さて、東電・関電・北海道電が1基ずつの残り計3基ですか、これが停まれば、仮にも全原発の停止が現実のものとなるようです。
 原発の稼働は70年頃からでしたが、原発がなくても別に困ったことはなかった。電力の需給バランスをあの頃のものに戻せばいいだけのことだと思います。

Re: れいこさんへ

> 立つ春の声ぞさやけき一筆を

ふふふ。れいこさん。すてきな一句をありがとうございます。
なんだか面映ゆいですぅ!(笑)
そんな優雅な署名集めマダ―ムじゃないんですよ~。どこから流れてきたか
さすらいの署名請負人。って感じですかね!(笑)
ひとと何かをするのがどうも苦手なので、マイペースでもくもくと…
あ、声かけしないと集まらないから、声かけだけは極上のやさしい声を出して(笑)
おります。そして時間がきたら、また風のように去る!

都知事も都議会も、30万にもなろうという都民の意志を無視しますかねえ…
とんでもないですねっ。
でもね、いいと私思うの。法定数を大きく超える署名集めたという事実が
大事なのだと。もしこれが逆に、『東京都は署名が全然集まらなかった!』
という結果だったとしたら、それは、のちのちの市民運動という国民が
政治的意思を表明できる大事な大事な手段そのものの敗北、ということに
なっていたでしょう。それはもう大きな大きな違い。
みんなで力を合わせれば大きなことが出来る!結果を出せた!という成功体験を
若い方々にして欲しかったから。

れいこさん。電話やお手紙作戦も、街頭署名と同じほど効果的で大切な作戦だと思うわ♪
れいこさんは、お友達やお知り合いがたくさんおいでになりそうですもの。
それってすごい大きな力です。
私ね、お友だち、いないの(笑)。だからそうしたくてもできないから、
それで街頭に立って見ず知らずの人に声かけるの!(爆)

1000万人かあ。こちらは期限が迫ってますねえ。
私、ぼんやりしてたなあ。都民のやつといっしょに集めればよかった…!
それでもね、一昨日はだいぶ集めましたよ。
都民投票だと、知事や議会が動かないといけないから生ぬるい!って方が
結構いらして、気持ちよく署名してくださった。

『プロメテウスの罠』はすごいシリーズですよね。
私ね、いつか、このシリーズは、ピュリッツアー賞貰ってもいいくらいなんじゃないかと
ひそかに思うの。

れいこさん。お互いに無理をしすぎないよう、息長く反対していきましょうね。^^
ありがとうございます♪



寒い中お疲れさまでした。

立つ春の声ぞさやけき一筆を
街に立ち、しなやかに署名を求めたっておられる彼岸花さんを想像して失礼ながらーー。

かの知事の発言は彼の人間性を表していますね。テレビで全国放送ですよ。

したたかに、しなやかに 伝えて行くこと それが大事なんですね。
私はまだ立つことは出来ないけれど、手紙、電話作戦をしましょう。署名用紙つきで。

一人一人が、人ごとではなく思考停止でもなく、判断できるようになるようにと思います。

キャンドルナイト、短歌の背景、署名用紙とパンフ、そういえば前月はプロメテウスの罠の記事でしたね。
今連載されているのは現場におられた方ですね。



Re: 葉っぱさんへ

葉っぱさ~ん、今月もお借りしました~♪

もうすぐ一年経ってしまいますねえ…

これね!
結構綺麗でしょう?
実は、紙のコースターなんですよ!4枚、マスキングテープで
貼り合わせてあるだけです!(笑)
探して買えば、それは今の時代ですから、すてきなキャンドルホルダー、
たくさん売ってると思うの。
でも、毎月のことだから。家にあるものをなるべく利用してみています。
先月は帯どめでしたしね!(笑)

先日買った早咲きの小桜の枝がいま満開。その淡いピンクと
繊細なこのキャンドルのしつらえ、なかなかすてきな、キャンドルナイトになりました♪

本当はでも、キャンドルホルダー、コレクションしてみたいなあ、という気もあります。
大袈裟でない、めっけものないかな~、なんてちょっと考える。
でもね、無駄遣いしちゃいけないし…

『しなやかに、そしてしたたかに!』いい言葉ですね~!
私もそういう生き方は憧れです。
葉っぱさんにもそういうの、感じる~!

そうですね。お互い、そうしたすてきな強さに磨きをかけて行きたいものですね♪
葉っぱさん。ありがとう。



Re: NANTEI さんへ

こんばんは。
はい。行ってきました!^^
主催者側のコース選びがよかったのか、信号を渡る、という回数が少なく、
警官も規制を厳しくかけてこず、なんだか『大人な』デモでした!(笑)
ただ、鳴りものが少なかった分、お祭り騒ぎの要素が無く、若いひとが
「おもしろそうじゃん、参加してみよう!」という感じにはなれなかったかもです。
今は一人でも多くの人にまず関心を持ってもらいたいです。

千葉の液状化問題と、それからホットスポットの問題、
そうしてさらに、懸念されるのは、水源や海の水質汚染の問題ですねえ。
県民の意識が高いように思っているのですが、そうでもないのでしょうか。
水は生物が生きていく基本ですから、これを汚してはなりませんよね。
森田知事はどういう判断をしていくのでしょうか。英断などあまり期待できそうに
ない気がしますが(苦笑)。
放射能を帯びた瓦礫と焼却灰の問題は、これは一県だけの問題ではありませんね。
どこかに持って行って処理しなければならないことはわかっているのですが、
それをどこに、どのようにして行えばいいのか、まだ誰もいい答えをもっていない。
本当に、このような大きな大きな難題を抱え込んでしまった、その原因が
原子力発電にあることを思うと、また、不透明な会議を形ばかり整えて
再稼働に向けて着々と進もうとしている人々の考えることが理解できないです。

そうやって、議論が出来るお仲間がいらっしゃるっていいですよね~。
若い時のピリピリとして、相手の言葉に鋭角の言葉を返すそんな議論も
それはそれでよかったと今になって思いますが、人生経験を経て
広い視点でものを見ることが出来るようになった紳士方が、談論風発、
時にちらりと若かりし頃から少しも衰えぬ鋭いまなざしを見せる…なあんて
いいですわ!(爆)

三十一文字は、案外私の思考のリズムにあっているのかもしれないと
思い始めました。でも、どうも字余りになってしまう。
57577でなく、575777とかだったら、なおよかったなあ!(笑)
うれしいお言葉。ありがとうございます。
俳句だと私が言いたいことを絞り切れず、短歌の形式なら言いたいことが
大体言いきれて、なお、締めることもできるので、とってもなんだか
楽しくなり始めています。

『古典文法質問箱』。常にそばに置いて、とりわけ助動詞や助詞のところ
しょっちゅう見ています。

このことと合わせて、いいもの教えてくださったことに感謝、です♪
ありがとうございます!



No title

v-22レース編みのようなキャンドルお借りしますね
これを見ていると、彼岸花さんの優しさと、しなやかな強さが感じられます

以前、友人たちと好きな言葉は?といった時にでたのは
しなやかに、そしてしたたかに!でした

いいでしょ?
しなやかだから、強いんです
負けるもんか、細くても、打たれても、特に女子は強いんですよねw


No title

絶対、参加なさってると思いました。
お疲れさまでした。

私は昨日は浦安の友人たちと、液状化のその後の話を聞き、放射能瓦礫や焼却灰の埋め立てによる水源の汚染、ひいては県政の不透明さなどを語りながら、軽い食事会をしてました。
みな、定年後に知り合って意気投合し、年に数回集まるなんのしがらみもない面々です。もちろん快く署名してもらいました。
いい歳をして熱く語り合えたのがとても嬉しかった!!

彼岸花さんは、一作一作と三十一文字が板についてきたように思えます。
思いの厳しさにくらべて「やはらか」な全体のトーンがなんともいえんです(笑!








プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード