『雛祭り』

おんなのこのお節句。3月3日です。

雛祭り恒例の(私が勝手にそう決めているだけ)、あずさのお目覚め。
あずさというのは、小さな古い蝋燭人形です。身長5センチ。
娘が3歳くらいの時の、ひな祭りケーキの飾りものだった。
娘が捨てちゃダメ!と言って、今でも大事に取ってあるのです。
一年に一度、娘のところから連れてきて、箱の中から出してやります。

あずさについては、下の『続く』をご覧くださいね。




あずちゃん、あずちゃん!起きなさい。



2012_0303_085215-CIMG6643.jpg


はあい。

2012_0303_085406-CIMG6646.jpg


もう春?
そうよ。もう一年経ったのよ。小箱のベッドから出て、お顔洗ってらっしゃい。

2012_0303_085443-CIMG6648.jpg

はあい。

2012_0303_090046-CIMG6650.jpg


はっ!このひとだれ?
あたし、紅子よ。どうぞよろしくね。
べにこさん……あたし、あずさ。どうぞよろちく。

2012_0303_090542-CIMG6654.jpg

はっ!これ何?
喉が渇いてお腹もすいたでしょ。開けてご覧なさい。
めちゃんが、あずさとママにって買ってくれたのよ。


2012_0303_090643-CIMG6655.jpg

ひなあられだ!わ~!おっき~い!
一人で食べちれるかな。



さあ、みんな揃ったわ。
まだまだたくさんあるから、みんなで食べましょうね。


2012_0303_092341-CIMG6665.jpg

はっ!お茶、こぼしちった!
だいじょうぶよ。また淹れてあげるから。

2012_0303_092415-CIMG6666.jpg



あずちゃん、ひなあられもっと持ってきてね。
はあい!

2012_0303_090341-CIMG6653.jpg




あずさは今年、遅く起こしちゃったので、お雛祭りが過ぎても
まだ少しここで遊んで行きます。




2年前の雛祭り
   ↓
明日は3月3日。桃の節句である。

子供が小さい頃は、正月に始まって、七草粥、節分、桃の節句など、
年中行事は一応大切にやっていた。しかし、子供が独立して家を出てからは、
狭い家に場所をとる七段飾りを飾る気力もなくなり、もうずっと、
お雛様たちは押し入れの中に入ったままであった。

しかし、先日娘がお雛様を絵の中に描きこみたいというので、
押し入れをごそごそして、お内裏様とお雛様だけを取り出した。
で、今年はその流れで、簡単にお雛様、飾ってみました。
我が家のお雛さま。屏風もなしでごめんなさい。

2010_0301_205705-CIMG1453_convert_20100302202201.jpg


おや、お雛様の裾のあたりにあるこの箱は何?

2010_0301_205316-CIMG1449_convert_20100302202736.jpg

開けてみましょう。

2010_0301_173916-CIMG1441_convert_20100302203435.jpg

おや。箱の中で、ハンカチーフのお布団で眠っている子は誰?
20年ぶりくらいに起こしてみましょう。
「これ。起きなさい。ちょっと目を覚まして出てらっしゃい。」

2010_0301_174036-CIMG1443_convert_20100302203953.jpg

こんな子が出てきました。まだ眠くてぼうっとしています。

2010_0301_205140-CIMG1448_convert_20100302204306.jpg

そっちじゃないのよ。こっち。
ちゃんと皆様にご挨拶してね。

2010_0301_205026-CIMG1447_convert_20100302204649.jpg

こんばんは。
ここどこ?

めちゃん家(ち)よ。めちゃんはおるすよ。

ふ~ん…。…


はい。この子が誰かと言うと、実はこの子はろうそく(笑)。
今から、そう…。今から33年前くらいの雛祭りの、
デコレーションケーキの上に飾ってあった、ろうそくのお人形。
不二家か何かの出来合いのデコレーションケーキだった。
身長は5センチ。

娘が3歳の雛祭りの日。ケーキを食べ終わって、片づけをするとき、
一応この人形はクリームなどをふき取って、取り除けておいた。
「これいる?」と訊くと、娘は「いる。」と言う。

それからこの子はしばらくの間、娘のおもちゃ箱の中に、
他のガラクタおもちゃと共に放り込まれたまま、大切にもされないで
そこにいた。
が、一年くらい後のあるとき、増えてきたおもちゃを整理していて、私はこの人形を見つけ、
そばにあった屑籠の中に何気なくふと捨てた。
だって、顔はおもちゃ箱の中で擦れて汚れ、髪の毛も剥がれかけて
あまり綺麗じゃなかったから。

ちょうどその時、部屋に入ってきた娘が、私の動作を見た。

「あっ!」
娘は叫んで屑籠に突進した。
「これ。めちゃんの!これめちゃんの大事なのなの!
捨てちゃだめなの!」

屑籠から人形をすくい上げる動作の速かったこと!(笑)

「だって、もうだいぶ汚れてきたなくなってるし、第一、おもちゃ箱に入れたまま、
ずうっと遊んだりしてなかったじゃないの」
私がそう言っても、娘は小さな人形を抱きしめて、絶対に捨てちゃだめなんだ、と言う。

それ以来、この箱が、小さなろうそく人形のベッド兼住まいになった。
娘は進学のため家を出た時もこの人形を持って行った。
数度の引っ越しにもこの人形はいつも一緒。
と言って、幼いころから、ままごとや人形遊びは好まない娘。
別に可愛がるというわけでもない。
ただ、捨ててはだめ、なのだそうである。

世田谷区は下北沢というところに、昭和の頃のしっかりしたアンティーク家具を扱う店が
あった。娘が、猫の『にゃー』をかまっていた頃のことである。
そこで娘は、飾り棚付きの茶箪笥を買った。
それからずっと、この子は、箱に入ったまま、その茶箪笥の、襖つきの小部屋のような
ところに入っている。

今回記事にするために娘のところから借りてきた。
「これ、ちょっと借りてっていい?」
私が尋ねると、娘はきっ!と言う感じで振りかえって、「なぜ?」と訊く。
その顔が、32年前のあの日とまったく同じ(笑)。

私が増え続ける荷物を少しでも減らそうと、要らない衣服や鏡台の中の
古いアクセサリを捨てようとしていたとき、娘が飛んで来て私の手から
ひったくるようにしてすくい上げた紅い玉のネックレス。
あの時も同じ顔をしていたな。
だってそのネックレス。私が1970年代くらいに買ったただのプラスチックの、
やたらに大玉の流行遅れの真っ赤なネックレス。もういらないと私は思ったのだ。
でも、娘にとっては、母の鏡台を開けると一番に目に飛び込んでき続けた、
いわば、私という母親そのものを象徴するようなものであったらしいのだ。

さあ。またお布団に入りましょうね。
お雛様が終わるまでここにいなさい。
終わったらまた箱の中で眠るのよ。

2010_0301_222950-CIMG1456_convert_20100302214801.jpg

この子の名ですか。
名前は『あずさ』

4歳の娘がつけた名前。
なんでだか知りません(笑)。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 葉っぱさんへ

葉っぱさん。こんにちは。
彼岸花の部屋。去年はほぼ原発一色でした。
悲しみと怒りに心ふさがれて、庭にも出ず、外に出ても、花の美しさ
空の雲に目が行かない。
・・・それはいけないよなあ、と反省しています。
こころがぱさぱさに乾いて、生活を鬱として楽しまず。

今年はもっとお散歩したり、読んだ本のこと書いたり、手仕事もしたいなあ。
去年はまったく、針を握ったり、ミシンをふんだり、という気持ちに
なれませんでした。
反原発の方も、体力なくっちゃね。
昨日の日比谷公園デモも、行こうと思ってたのに、足が痛くて風邪もひいてて
いけなかったし。
そっちの方も、ぱわーあっぷするぞ~~~!!!^^

防潮堤をいくら高くしたって、そうよね。日本中を囲むことは出来ない。
日本の政治は、いつからか、なにかあったら、すぐ土建!の方に
発想が行くようになっちゃって。
除染だってそうですよね。チェルノブイリの経験者からは、除染が出来ない地域だって
或るんだ、そういうところで除染しようとしても無駄なんだ、ってアドヴァイスされてるのに、
除染除染、って言って、いつか住民は戻れるような、無駄な希望を抱かせている。
結局のところ、除染を請け負うのは、これまた東電などと繋がっている大手ゼネコン。
この国は、巨大資本がますますもうかって行き、弱いものはますます奪われるような
仕組みになっていきつつありますね。

さて。そろそろ、怒りの記事を書きますかね。^^

葉っぱさん。ありがとう~。

No title

v-22いいなぁ、彼岸花さんワールド…虹子さんも、あずさちゃんも
なんだかうちのお雛様の所帯じみたい会話とは、世界が違うわw

こんな世界の人には、原発なんて絶対に許せないですよね
今回の一年を機に、3つ目の項目、原発を考える、を変えるつもりです
だってももう答えが出ているから・・・どう考えても受け入れはできない
どんな人が望もうと!

だから考える、はないです
代わりにこれからの地震対策なんかを真剣に考える、とか
だってあまりにも今回のことが生かされていない、から
高い堤防を作る、なんてばかげたこと平気でいっている
日本中を囲む気かしらんw

でもみんなが真剣にならないと、こういう方達の思うつぼですよね
つかれた~w

Re: そらまめさんへ

そらまめさ~ん!今晩は~♪

ほんとね~。そらまめさんとは、もう3年近く、仲良くしていただいているんですよね~。
はやいなあ…月日が過ぎるのは…

はすいさんのところでお名前お見かけして、気になって。
おともだちになっていただいたんでした…
はすいさんと夢談義しましたよね~。どうしてらっしゃるかなあ。

原発の記事で私が、反対の考えの人につかまっていたときは、
そらさんは敢然と応援してくださいました。そのご恩一生忘れないわ。^^

いろんなことがありましたね~。
そらまめさん。これからもよろしくです~♪♪♪

あずさはこれからも、年に一度、こうやって起こしてやるつもりです。
今年は、みんなにいい年になるといいですね~。
そうそう。このガラスの器は、赤い実が入ってたり、蝋燭立の代わりに
使ったり、これまでも、3回くらい?登場しています。
長崎のね、お土産屋さんで買った、ぐい飲みです♪わたしも気に入ってま~す。

そらまめさん。ありがとう~♪

Re:大門先生へ

わあ!
先生、いよいよ、本出ましたか!
さっき、そちらにお邪魔して、ちらっと見せていただいて、
ドキドキわくわく。早く本、見たいですぅ!

絶対買いに行きます♪
みなさんにもご紹介しますね~。

楽しみだな~♪
ありがとうございます~~~~~~~~~!

Re: morinof さんへ

morinofさん。こんばんは。
pikiちゃんとモリノくんも元気ですよ~。
六平くんたちも大活躍です。^^
にぎやかで楽しそうでしょう?みんなでこの後、お雛祭りの
歌うたったんですよ。六平くん達なんか、大きくお口開けて
後ろに倒れそうでしたョ!(笑)

紅子はだいぶ疲れてきました。
今日で72日目です~。
みなさんともうすぐお別れですが、何かの形で紅子を
残してやりたいと思っています。そしてそばに置いておきます。

あずさ。ぼたもち盗み食い顔!ほんとですね!
気がつかなかったけれど、それ以外言いようがないくらい、ぴったりですね!(笑)
さては、おもちゃ箱にいる間にそっと忍び出して食べたかな!^^

morinofさん。ありがとうございます。
彼岸花のお部屋は賑やかです♪^^





Re: lily姫さんへ

lilyおばちゃま。こんばんは。
は~い。きょうはとてもあたたかだったです。
おともだちとひなたぼっこしてまった。
でも、べにこちゃんとあたちが、あんまり暑いところにいると、
枯れちゃったり溶けちゃったりするといけないからって
ママが、カーテンしめてしまいました。

べにこちゃんはもうすぐみなさんにさよならですって。
ママはべにこちゃんを何とかして、おうちで眠らせておくみたい。
あずさモ、しばらく遊んだら、めちゃんところに帰ります。

べにこちゃんのこと、ぜったい忘れません。
べにこちゃんのおようふくの縁どりのぴんくのいろは、
あたちのきものと同じいろだから、あたちたち、なかよし。

ひなあられおいちい…。

lilyおばちゃん、ありがとう。
あかちゃん…あかちゃんおんなのこかなおとこのこかな…

No title

あずさちゃんに再び会えて、改めて彼岸花さんとの出会いからの
月日を思い出されます。
 
ひなあられが沢山入った器・・・すごく好みで気になります。(笑)

No title

本でたよ~~~

どちらさまも健在でしたね

紅子さんあれからどうしたろうと気になっていましたが
まだまだご健在でしたか。彼岸花さんもね。
あずさちゃん一年振り、相変わらずぼたもちの盗み食い顔
今年は御仲間が多くて良いですねえ
うきうき、私まで同席しているような気がしてきます。

No title

あずちゃん、こんにちわ
ママの妹の、Lilyおばちゃんです
今年のおひな祭りは、暖かくて、良かったね
お布団から出るのがイヤじゃなかったでしょう?
今年は、もうしばらく、遊んでいてね
他のお友達には、来年も会えると思うんだけど
紅子ちゃんと遊べるのは、今年だけだと思うの
いっぱい遊んで、いっぱいお話して、いっぱい思い出を作ってね
そしたら、紅子ちゃんの姿がなくても、
来年も再来年も、もっと先も、あずちゃんは紅子ちゃんのことを思い出せるよ

大きなひなあられ、食べ過ぎて、おなか壊さないようにね

Re: れんげちゃんへ

れんげちゃん!
あずさに会いに来てくれてありがとう~♪
やっぱりね、れんげちゃんに会っていただかなくては!(笑)

あずさを本に?ふふ、それほどのもんじゃありませんが。
脱力系の本?(爆)
ここに載せた写真は数枚だけど、デジカメにはこのとき、20枚くらい
撮ってあって、昨日、娘がそれ早送りして見て、大爆笑していました。
あの、小さな、めちゃんはどこに?ここにいるこの豪傑は誰?(爆)

れんげちゃんは何して遊んでたのかナ~。
パソコン作り、凄いわね~!!! 編み物? 革の作品作り?
水彩画?…ほんと趣味が広いわよね~。
れんげちゃん、退屈ってこと、あまりないのと違う?^^
私は最近、手を動かしていませ~ん。でも今日はこれから久しぶりに洋服の
型紙取ります!

れんげちゃん、会いに来てくれてありがとう!♪

Re: NANTEI さんへ

NANTEIさん。こんばんは。
はい。一人で遊んでいます!^^
お雛祭りに、あずさを娘のところから連れてきて、箱から出してやるのは、
もうこれで3回目です。それまではいつもうとうと。

『ブイヨン』ちゃんのお話いいですねえ。『ブイヨン』ちゃんという名前が
可愛いなあ。昨日の、お嬢さまのための子守歌になるような曲の編集といい、
NANTEIさんは、優しいお父さまでいらっしゃるんですね!^^
ご両親の愛情に包まれて、お嬢さまはお幸せですね。
柔らかい感触の手製の人形は、抱きしめても暖かく、小さな子にはいちばん。
汚れてぼろぼろになっても、共に大きくなってきた子ですもの、
一緒にいると安心して眠れるんでしょう。
我が家にも、こまごました物を段ボール箱にとってあります。
昨日、近々それを出してくれと言われて、こりゃ大変だ!と思っているところです。
押し入れの中のもの、全部出さないと奥の方のその箱、取り出せない!(笑)

子供が小さい頃のものを見ていると、時の流れを一気に遡った気分になりますね。^^
かつて、私も若い母でした!^^

元気が無い…すみません。ご心配おかけしました。
大丈夫です!また少しづつ、怒る元気を溜めていっています!(笑)
あんまり腹がたつと、ホコリ茸みたいに、爆発して、あとプシュ~って
気が抜けちゃう。ホコリ茸ってご覧になられたことおありでいらっしゃいますか?(笑)

気にかかっていることについては、またいずれ書かせていただきたいと思っています。
NANTEIさん。いつもありがとうございます~。
短歌も、ぽちぽち作ってみています。いいのが出来たら、また見てくださいね♪



No title

あずさちゃーーん!会いにきたよぉぉぉ~~~♪
最近めっきり別のことして遊んでたけどねぇ、
ひなまつり・・・。はっ!あずさちゃん!!って思い出した!

あずさシリーズ大好きなんだよな~~~。
本にしてほしいくらいv-352

No title

彼岸花さん・・・

なんという遊びをしてるんですかっ!
しかも独りで、なんか寂しくなるではないですかっ・・・・。

しかしね、私も家内がパンヤを詰めて作り、私が目鼻を描き入れた人形。
娘はなぜなのか「ブイヨン」という名前をつけて、何年も一緒に遊んでいるうちに、
毛糸の髪の毛が何本か抜け、顔も涎や涙でいくら洗ってもシミだらけになってしまった、そのきたない人形を後生大事に抱えていた姿を、思い出しました。
その人形は、ほかの台所セットなどの玩具とともに、段ボールの中で眠っていますが、さすがにその「ブイヨン」を取り出す勇気はありません(爆笑!

しかしなんかいいタイムトラベルをなさったような。

(追記)前回のコメントで、ややうっ屈したものがおありのご様子でしたが、大丈夫ですか?

Re: さおるさんへ

さおるさん。こんばんは。
あずさのこと、可愛いって言ってくださってありがとう~♪

もう35年前くらいのろうそく人形です。
娘のおもちゃ箱の中に、ゴレンジャー人形やレゴブロックや他のおもちゃと
一緒に入っている間に、すっかり汚れてしまって、お顔洗っても落ちません。
それで捨てようとしたら…!(笑)
でも、捨てないでよかった。今となっては捨ててたなんて考えられません。
ベッドでおうちのこの箱もお布団がわりのハンカチも、そうすると、35年近く
たっていることになります。
35年というと、長いけれど、実際はあっという間ですね。
箱もハンカチも全然古びていない。

は~い♪
うさぎちゃんたちは、morinofuneさんのところからやってきました~!
小さい子がpikiちゃんで女の子。大きい子は男の子でモリノくんです。
桃の花の入っている小さな花挿しは、『花の六平くん』たちと呼んでいます。
この子たちも、morinofuneさんの作品です。みんな可愛いでしょ~♪

ことりさんは二つとも娘の買ってくれたもの。
あずさの奥のよく顔の見えない子は、たぬきではなく、雀の子です。
これは娘の彼氏と娘、あ。今は婿だ!(笑)が買ってくれました。
私って何となく雀っぽいんですって(笑)。小さいから…
そりゃそうだ。大きなお姉さんに育っためちゃんから見れば、
身長157センチのママは、小さく見えるかもしれません。
この年代の者にしては、おチビさんじゃないのに~。
今日、あずさたち撮った、これらのデジカメ映像見せたら、大爆笑していました。

あずさは、ひなあられのごはんを食べた後、今、ベッドにもぐりこんで
そこから私を見ています。^^
隣に紅子がいます。紅子はもうすぐ皆さんとお別れです。i-241

さおるさん。あずさに優しいコメント。ありがとう~♪



かわいらしい

なんて可愛らしいんでしょう。
今日は、うさぎさんや、小鳥さんもあつまって、ひなまつりですね。
うさぎさんはmorinofuさんちからやってきたのかな。

ちいさなお茶セットもかわいらしいですね。
あずさちゃんは、ロウソクで捨てられるてまえだったんだ。
めちゃんは、捨てないでって言ってから、ずーっとずっと大切にしてるんだね。

よくみるとぼろぼろのあずさちゃんだけど、これだけ大切にされると
まったく、可愛らしく見えてきます。

おおきなひなあられひとつ食べたらまたお昼寝だね。

Re: 大門先生へ

先生、こんばんは~~~~~!

ふふふ。可愛いでしょう。なんだか、脱力しますでしょう?(笑)

いつもちょっと傾いていて。お顔が黒く汚れてて、洗っても落ちなくて。
でも、だいじにだいじにしています。

毎年、雛祭りの前後だけ、箱のベッドから起きてきます。
頭にろうそくの芯がついています!(笑)

先生、はあはは、って笑ってくださってありがとうございます~♪
うれしいです~♪

Re: 乙山さんへ

乙山さん、こんばんは!

あずさのこと、覚えてくださってらして、毎年やさしい言葉を
かけていただき、本当にありがとうございます。
乙山さんって、優しい方なんだなあ、って。いつもしみじみしてしまいます。
その話しかけてくださりようが、とってもとっても優しいんですもの。

あずさ、あ!あの時のおじちゃまだ!って、ぴょんぴょんしていますよ。^^

今回、連れてきて出してやるのが遅くなっちゃったので、もうしばらく
ここで遊ばせてやろうと思います。
後の髪が、あまりにもひどく剥げているので、髪の毛だけ黒く塗ってやりました。^^
顔とかはいじらない。


乙山さん。こんばんは!
は~い!
ひなあられ、おっきいの!
みんなにね、いっこずつくばりました!
ママがちらしずし作ってくれるの♪
イクラもね、すっごくおっきいの!お蜜柑くらいおっきいイクラなの!


小鳥さんはガラス製です。名前は…え~と、まだないです!(笑)
いつか、ハナミズキの赤い実のお話の時、登場したことがあります。


乙山さん。ありがとうございます♪
あずさは、一年の長い眠りの間も、時々乙山さんの話しかけてくださったこと、
うとうと夢で見ていて、ちゃあんと覚えていたんですよ!^^

No title

はあはは
ほのぼの~~~~~~~~

おや、お久しぶり!

こんばんは!
あずさちゃん、今回はしっかり物語風になってよかったね。
寝ているところなんて、しっかり青色になっていて。
本当に、寝ているときと起きたときの表情が違うように見えるね。
ひなあられは大きいなあ。たくさん食べられるね。
おや、硝子製(樹脂製?)の鳥も見えますね。
これは何という子でしょうね。
なんとも楽しそうなお雛祭りですよ!
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード