『忘れない』


2011年。3月11日。





2012_0311_230307-CIMG6711.jpg








葉っぱさん、れんげちゃんのバナー。
2人の企画に参加させていただくようになって、12回目。
大震災と原発事故から一年。とりわけ重い一日の夜です…



心ひとつに キャンドルナイト



こちらは、NANTEIさんが、こころをこめてお作りになったバナー。
お借りします。

バナー南亭





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 大門先生へ

ほんとに、原発がこんなことになるとは。
反対!と言っていた私も実は思っていませんでした。
もう少し、日本の技術というか、電力会社の能力を信じていたところも
あったんです、実は。
でも、嘘だらけ、いい加減だらけだったということがあらためて
浮き彫りになってきました。
もうもう、原発はいりません…

先生。絵、紹介させていただきますね~♪

No title

あれから1年
どうあっても原発だけは許せないね~~~~~~~~

Re: 左官屋女房さまへ

左官屋女房さん。こんにちは。
一年経つのはほんとに速かったですね。その間、復興や復旧に
進展はあったのでしょうか…

いつも、キャンドルナイト、ご紹介くださりありがとうございます。
精神的ご負担もおありでいらしたでしょうに。
これからもよろしくお願いいたします…って、ずうずうしいですね!(笑)
ほんと、これからもどうぞよろしく。

ろうそくなどの揺れる明かりを見つめていると、不思議にこころが
鎮まってきます。11日の夜は、私自身が、この、椿をかたどった
キャンドルの明かりに、重いこころを慰められました。

さあ~~~!今日からまた、闘争開始です!(笑)
いつも本当にありがとうございます。

No title

一年が経ちましたね。
日本中の、いや世界中のあちこちで、キャンドルの灯りがゆらめいた事でしょう。
たくさんの祈りがあった事でしょう。
この灯りで、自分を見つめなおさねば。
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード