『キャンドル・ナイト』

静かに春の雨が降っています。
ようやく我が家のあたりでも満開に近くなった桜も、
今夜は雨に濡れそぼっていることでしょう。

4月11日。
今夜も、東日本大震災で亡くなられた方々や、大事な方を失ってしまわれた方の
無念を想って、静かに蝋燭を灯します。

葉っぱさん、れんげちゃんのバナー。

                         
心ひとつに キャンドルナイト



こちらは、NANTEIさんが、こころをこめてお作りになったバナー。
お借りします。

バナー南亭








2011_0411_211341-CIMG6957.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: lily 姫さんへ

lily姫ちゃん。おはよう~♪

瓦礫処理の記事。こんなんでよければ、どうぞどうぞ。
皆さんでいい方法が考え出せればいいなと思います。
難しい問題ですよね~。『情』で考えれば結論ははっきりしている。
みんなで苦しみを分け合えばいい。
でも、『理』で考えると、これもまた結論ははっきりしている。
放射能を拡散してはいけないし、遠くに運ぶより近くで処理した方がいい。
私もまだ、もう一回、この問題については、書こうと思っていますが、
今なかなかその気力が出ないでいます。

lily姫ちゃん、無理しないようになさってね。
キャンドルナイトも、各人が出来るときにやればいいのだと思います。
毎月、違ったもの考えるのも、結構大変ってわかるから。
私も、なるべく買わないで家にあるもので済ませていたけれど、だんだん
使えるものがなくなってきました。
だから、2月のなんか、100円均一の、紙のコースター、マスキングテープで
仮止めしただけよ~。100円で10枚くらい入ってるの。^^
葉っぱちゃん、左官や女房さんも毎月大変だろうと思います…。

lily姫ちゃんは真面目だから、考えすぎてあんまり気持ちの負担にならないよう、
なさってくださいね。私のように、もう隠居して自分の勝手に生きてるものと
事情がみんな違うと思います。^^

今日はすばらしい天気です♪

No title

今月のキャンドルナイトの写真を載せることすら、まだできないでいる私ですぅi-201
彼岸花さんが、瓦礫処理について書かれた記事を、
私の記事の中で ご紹介しても構わないでしょうか?
私自身も、何度も読み返して、じっくり考えたいと思うし、
私の部屋に来てくださる方の中で、一人でも二人でも
一緒に考えてくださったらいいなあと思うし、

Re: はなさかすーさんへ

はなさかすーさん。
短い間でしたが、はなさかすーさんにはほんとにいろいろなことを
教えていただいたと思っています。なによりも、こころ疲れたとき、
すーさんのブログにお邪魔して、自然に寄り添った暮らしや、
お子様たちの元気な様子をただ拝見しているだけで、ギスギスしかかった
こころがほうっと緩み、また、明日を信じて、未来を信じて
歩いて行こうと思えてたんですよ。^^

私も山の娘です。
大分の久住山というところの麓の村で生まれました。
かまどに薪をくべる、その薪の香りや、釜でご飯をたく甘い匂い。
五右衛門ぶろの宵、フクロウの鳴く夜なども、私の全感覚で
覚えています。

人間は、はるかに遠くに来すぎました…。
昔に戻れというのではないけれど、人間とて自然の一部。
それを忘れてしまったら、どこまでも暴走して、取り返しのつかないところまで
突き進んでしまいそうで、それほど余命はないであろうにもかかわらず、
未来への警告をぶつぶつ呟いています。
何度も絶句して立ち止まってしまうけれど、まあ、やれる限り
ここを続けて行こうかなと思っています。

はなさかすーさん。いつかまたお会いできると信じています。
人は、自分が思い描いたようになっていくという気がしています。
きっと、はなさかすーさんとご一家に皆様にはすばらしい未来が
待っています。夢に向かってお進みになられてくださいね!^^

お元気で。またの再会を♪^^

お元気で!

彼岸花さん、こんにちは^^

キャンドル・ナイトの灯は、愛と感謝の表れにも感じられます。

こちらでは夜は、ほうほろほう・・と青葉梟がやさしく鳴き、風呂の焚きつけの煙が
家の中にほのかにその匂いを漂わせて、春の夜気にも包まれて参りました。

春爛漫の南北に長い日本列島は、様々な自然の優しい風に時折りは心を湿らせる
ことでしょう。都会の人たちが、その移ろいをどこかで感じられることを祈っています。

今まで色々と有難う御座いました。心から感謝申し上げます。

健康維持は食べ物からです。お体大切になさってくださいね。

お元気で^^

Re: 葉っぱさんへ

は~い♪
よろしくお願いします♪

No title

v-22

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん。こんばんは。

はい。これ。何なんでしょう。え~、有楽町の東京国際フォーラムで
開かれている骨董市…あ。『大江戸骨董市』って言うんでした!
そこで買ってきた丸い蓋物の、蓋です。
香炉というほど上等なものではなく、安っぽい金属製。
どこかアジアの国の、観光客向けの品かな?
ただ、これで蝋燭を透かして見れば、面白いだろうな、という
それだけの理由で買いました。

さて。今回お訪ねいただいた件ですが、先ほどお伺いしましたよ。
実は、もう少し前から、お伺いしたことがありまして、そっと読み逃げしています!
ご挨拶はまだなんですが、そうですか。それでは、勇気を出しまして、
とんとんノックしてみることにいたします。^^

…不思議ですよね。どこかでつながっていきますね…。
ご報告はまた、させていただきますね。^^
ありがとうございます!



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード