『枝野氏をそれでも信じたい』

枝野幸男氏がぶれにぶれている。
東電に対し、一貫して厳しい態度をとってきたように見える経産大臣、枝野幸男氏。
彼に対する評価は、twitterなどを見ても、このところ、激しく下降気味である。

枝野幸男経済産業相は4月13日の衆院経済産業委員会で、東京電力福島第1原発事故を
踏まえた国内原発の今後の在り方について「できるだけ早く原発依存から脱却して、
原発への依存をゼロにしたい」と述べた。個人的な意見と断って言及したが、
エネルギー政策を担う経産相の発言としては異例。自民党の菅原一秀氏の質問に答えた。
(共同通信、4月13日記事より)

この時は、私なども、ひそかに『枝野、やれやれ~!』と拍手したものである。
ところが、翌日14日には、なぜか「いまの需給状況では原発を再稼働する必要がある」と
正反対の立場に見えることを言いだした。
一週間のうちに、野田総理、枝野経産相、藤村官房長官、細野原発事故担当相は
大飯原発再稼働に向けて、ごり押しと思える強引なやり方で動き出した。
枝野氏は14日に、福井県知事、おおい町町長を訪れ、再稼働への理解を求めている。

いったい、なぜ急に枝野氏が、姿勢を変えてしまったのか!!??

私は、非常に情けなく思いながらも、おそらく彼が『原発ゼロ』と発言したことに対し、
相当な圧力が周囲からかかったんだろうな、と思った。
ここに来て、裏で糸を引いていたのが、仙石由人氏であることが報道されて来ている。
仙石由人氏は今、肩書としては、民主党政調会長代行であるに過ぎない。
それがなぜ、将来の原発稼働再稼働に大きな影響を与えかねない総理・関係閣僚4者協議に
影響力を行使する!!??
仙石氏は、東電・電力改革プロジェクトチームの会長でもあるらしいから
その資格で?
聞けば、オブザーバーの立場で、ということらしいのだが、オブザーバーに
そんな決定力影響力が与えられているのが変である。
仙石氏は、民主党では長老格の実力者。枝野氏はかつて、いわばその弟子のようなもので
あったらしい。枝野氏が菅内閣で、師匠格の仙石氏を差し置いて
官房長官に登用されたことで、一時関係が冷えたけれども、後に回復。
枝野氏の上に、暗然たる影響力を持つ人物がいるとすれば、この仙石氏だろうと
私は思っていたが、やはりそうだったか!……

さて。この記事のテーマの枝野氏であるが、彼に対する評価は、3.11後、
極端に2分されていると思う。
一つは、枝野氏が事故当時官房長官として、福島第一原発の状況について、
「ただちに健康への影響はない」と言い続けたこと、また、SPEEDIの存在を
隠匿して、住民に無用な被曝をさせたこと。この大きな二点で、枝野氏の罪は
非常に重いし許せない、とする立場。
これは、菅総理に対する批判と同じ性質のものを含んでいる。
後の一つは、私のように、枝野氏が経産相になってから一貫して東電に
容赦ない態度をとり続けていることで、彼に脱原発とまではいかずとも、厭原発の
気分を見てとり、応援して行こうか、とする立場である。

脱原発系のtwitterなどの意見を読んでみても、『枝野』と呼び捨てにして、
彼が事故後、官房長官として、いたずらに国民を安心させるような誤った情報を
発表し続けた事を厳しく批判する声が圧倒的に多いようである。

だが、私は少し違って、彼を心の内で応援していた。
まず最初の彼の印象は、これは気骨のある、腹の据わった男だな、という印象であった。
あの大震災と原発事故直後の大変な時期、菅総理もばたばたして、誰も彼もが
浮足立っているように思える中、彼が官房長官として、マスコミにきちんと答える形式をとってから、
政府や東電の動きがようやく一般国民にも見えるようになった、あの数日の印象である。
不眠不休と思えるほど頻繁にマスコミの質問に冷静に応え続けるその態度は、
海外からも高く評価された。私も、これはいずれ総理の器だな、と思ったものである。
『ただちに健康に影響はない』と彼が言い続けたことが、一番大きな批判と揶揄の対象に
なっているようだが、最も頼りにできるはずの斑目原子力安全委員会委員長が
あの情なさ。後に徐々にその実態が分かってきたが、官邸にほとんど
正確な情報が届かぬ有様のあの中で、官房長官が何を発表できただろう…

思い出して欲しいが、NHKを初めとして、あの当時、それぞれのメディアは、
それぞれに専門家と称する、やけに学歴肩書きの立派な原子力専門の科学者を
呼んで、意見を語らせていた。そのほとんどことごとくが、「ただちに健康にどうのという
ことではありません」と言っていたではないか!
政府が頼りにした専門家、という者も、おそらくあの程度の人物集団であっただろう。

SPEEDIの存在を隠匿して、住民にいたずらに被曝を増やしたこと。
これについては、私も、菅氏や枝野氏…当時の政府関係者を弁護する言葉を持たない。
この間の事情もだんだん明らかにされていっているが、SPEEDIの存在は、
官邸最上層部にはしばらく伝えられていなかったという!
混乱の中で、菅総理も「私には情報が上がってきていなかった」と語っているが、
それにしても、指揮系統のトップは、たとえ知らなかったことでも、責任は問われる。
また、本当に知らなかったのかどうかも、その前年大規模な訓練に菅首相は
参加していたはずだから、そこで聞かされていなかったのだろうか?

情報が上がってこない、専門家がまったく頼りにならない、という状況の中であっても、
当時の菅内閣の、大震災、福島原発事故に対する対応は、それでもやはり、
まずかった、としか、私も言いようがない。

…それでは、私が、去年から何度も菅総理を応援する記事を書き、
そして今、枝野氏を糾弾しきれないでむしろ応援しているのはなぜか、というと、
最初の対応は混乱の中でまずかったとしか言いようがないが、当時の政権党、民主党にあって、
後に脱原発の意志表示をした、数少ない政治家の中の二人であったからである。
要するに、あれほどの大事故がこの日本で起きてしまった中、
これが大変なことであって、もう二度とこういう事故を起こすのはいやだ!という
認識をしたように思える数少ない民主党議員のそのトップにいたのが
菅さんであったからである。

見よ。菅さんをマスコミもなにもが寄ってたかって馬鹿よばわりしひきずり下ろして
野田さんに首相が代わって、それで復興は進んでいるか?脱原発から自然エネルギーへの
移行への道筋は見えてきたか???

菅さんが、去年、与野党問わない反対勢力と世論の『辞めろ』コール一色の中で、
権力にしがみつく馬鹿総理、と悪しざまに言われながらも、
『民主党として脱原発依存を目指す』とせめてでも言っておいてくれ、
浜岡をなんだかんだ悪口を言われながらでも止めて置いてくれ、またこの七月から
再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度が施行されるよう決めて置いてくれなかったら、
野田政権は、もっと早くに原発再稼働を決め、もしかすると建設中のものの許可も
下ろし、さらに電力自由化からは遠い日本になっていたかもしれない!

私が、大震災当初の不手際にもかかわらず、菅さんを応援し続けたのは、
彼が、苛酷原発事故というものは、二度と起こしたくないと、骨身にしみて
思った一番の政治家であったろうと思ったからである。あれだけの震災、事故が
ありながら、なお、脱原発に踏み切れない他の政治家の誰が彼にまさると当時言えただろう?!

では、枝野氏は?
私は、彼が、菅元総理退陣の後、政権中枢に残って原発推進にただ一人ブレーキをかけ続けた
政治家であったから、枝野氏を応援してきたのである。
馬淵澄夫氏、川内博史氏なども脱原発の立場をとっているが、残念ながら政権の中枢には
いない。

枝野氏に関して、その認識は買いかぶりだよ、甘いよ、という意見もネットの中では見られた。
枝野氏が、東電に厳しい言動を取っているのは、あれはポーズであって、彼は経産省の
官僚にとっくに抱き込まれている。次期総理に推す、という暗黙の了解で、
国民に目くらましをかけ、東電に厳しい人ということで人気を集めておく…
そういう目論見の下で、計算づくでやっているのだと……。

今回の彼のブレぶりを見ていると、「ああ!枝野、お前もか!」と
シーザーのように絶望の声を上げたくなってしまった私だった。
やはり、あれはポーズだったのかな……

しかしながら、まだ私は、彼が変節した、あるいは、最初から脱原発の意志など
なかった、とは思いたくないのである。

15日に彼は、「一直線に原発を減らしていく」と言っている。
5月6日には「日本で原発が一瞬ゼロになる」とも言った。
…これをまだ、ポーズと見るか、それとも本音とみるか…

無論枝野氏の本当に気持ちなどわからない。
ただ、枝野氏にはがっかりした!という意見が多い中、どこで誰だったか
出典がもうはっきりしないが、確か女性の識者の方で、枝野さんを変節、ブレていると
責めるのでなく、逆に今こそ応援しようではないか、という
呟きをちらっと見た。
私が考えているのがまさにそれである。ばりばりの原発推進信者に
国民が選挙で脅しをかけてもおそらく変わらない。
しかし、少しでも脱原発にこころが向いた人が、今周囲の圧力によって
その言を引っ込めざるを得なくなっているのであれば、
国民が彼を応援することによって、彼は確固とした脱原発政治家に
変わっていくのではなかろうか、と。
菅さんが、誰も自分を応援しない四面楚歌の中で、脱原発の意志を固めていったのと
経路は違うかもしれないが。

批判して政治家をこれじゃまずいな、と成長させるのも、
逆に応援して、国民の理想とする政治家に近づけていくのも、両方ありである。

可笑しいのは、あまりにも拙速な政府の大飯原発再稼働の動きに、
世論が激しく反発しているのを見て、かどうかはわからないけれど、
開き直ったかに見える、先日の『日本は集団自殺をするようなもの」という仙石発言。
もっと、うまい説明の仕方もあろうに。
これでは、それでなくても仙石批判が起こりつつある中で、なお煽ることに
なってしまう。やけっぱちになっての極論だとすれば、国民による、
大飯原発の拙速な再稼働と仙石氏への批判は、あるプレッシャーを与える効果があったことになる。
悪いことは悪い、と、やはり、言わなければならないのではないだろうか。
世論が背を向けた!と思えば、官僚は動かせないかもしれないが、政治家は
動かせるものだ。そう信じよう。


それにしても、この国の政治家はセンスが悪い!
菅さんがもし、3月11日直後に、今の菅さんであったなら、彼は歴史に残る
名総理と讃えられたかもしれないものを。
自民党谷垣総裁だって、菅総理が、昨年3月、閣内に入って復興に協力してくれ!と請うたとき、
電話で頼むなんてどうだのこうだのなどとケツの穴の小さいことを言わず、
自民党を説得して、政権政党の民主党、他の野党などと一致協力して、素早い復興と
原発対策のために全力を注ごうじゃないか!、というくらい度量の大きい政治家で
あったなら、今頃は、自民党も、次の政権党として盤石の人気を国民に得ていたかもしれない。

自民党石原幹事長は、6月7日『たけしのTVタックル』という番組で、自分は当初から
SPEEDIの存在を知っていたけど黙っていた、と発言。それはわたしも放送で聞いた。
知っていたのなら、なぜ、与野党の枠など越えて、菅政権に進言しなかったのか!
国民の安全を第一に考えて、強く進言しなかったのか!
テレビで、『自分は早くから知っていた』と、『知っていた』ということを
自慢げに言って、政治家としての粒の小ささを暴露してしまったそのセンスのなさと無責任!

枝野氏も、脱原発なら脱原発で、確固として方針を曲げなければ、国民はどれほど彼を頼もしく
思っていただろう。たとえ原発推進の考えの人にだって、『気骨ある政治家』という
印象を与えてい続けられたはずだ。
いずれは総理の器、と認められていたかもしれない。しかし、今度のブレまくりで、
彼は少なくとも5年分くらいの経歴と実績をふいにしてしまったのではなかろうか。
かなりの器、と私など期待していただけに、惜しいことである…

…それでも、今は、この政権に、彼しかいない。
彼しか、脱原発に少しでも近付こうとする人間は、政権中枢にいない。
だから、私はもう一度、彼を信じてみようかと思っている。
民主党、自民党、維新の会、…他の政党。
それから。これから少しずつ姿を見せてくるかもしれない、緑の党系列の
新しい党…。

それらを伸ばすのもつぶすのも、国民である。
個々の政治家の言動に目を向けていよう。
マスコミの、煽り報道にすぐに乗せられることはやめよう。
その政治家の、向けている視線の先を見てみることにしよう…。
なかなか、ひとの考えていることなど見えてきはしないものだが、

それでも、やはり…!!!。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 葉っぱさんへ

民主党がこんなにひどいものになるって、2年前は思いませんでしたね。
日本を変えて欲しいって、希望を託したのになあ…
変えようとするのは、悪い方にばかり…

と言って選挙をしても、自民党に戻るのでは何にもならない。
強くたって橋下さんのようなのも危険だし…

ほんとに溜息が出てしまいますね。

あ~ぁ………

美しいものだけを見ていたいです…

なんか、泣きたくなっちゃう!



No title

v-22そう、相当圧力があったのでしょうねぇ
でも、平気で心にもないことを言えちゃう人たち、あるいはこんなこと恥ずかしくて言えないだろう、と思うことを平気で言っちゃう人たち
なんでこんなに恥知らずな人種になったんでしょうか

自分の主義主張がぶれない人、どこかにいないかなぁ

Re: んさんへ

んさん。お訪ねありがとうございます~~~~~~♪

わ~ん、嬉しいですぅ。lily姫さんのところからおいで下さったんですね♪
私のせいで、lily姫さんのところのお客さんがさあ~って引いちゃったら、
もう、どうしようかと思ってたんですよ。i-241
こんなブログですが、お声かけていただき、本当に光栄です。

本物の政治家…もう絶滅危惧種。
ほんとですねえ!政治をご商売にしている、ただの政治屋さんばかり。
昔は『井戸塀政治家』と言って、お国のために一身をなげうって、そのために
全財産まで傾けてしまうような政治家がいたと言われていましたね。
ほんとかどうかわからないけれど、すくなくとも、もっと、理想があった気がします。

…民主党はそうですね。ほんとに寄せ集め。左派から自民党右派より右、といった
ひとまで様ざまにいて、これで一つにまとまって行く方が不思議なようなもの。
それでもね、とにかく一度、自民党から政権を他に渡したい、自民党政治には
もううんざりだ、という国民の期待を受けて誕生したんでした。
それだったら、自民党と違う、ということを、くっきりと政治の上で実行して
いかなければならなかったのに、そうしてこそ、二大政党の意味があったというのに、
民主党は、その道を選びませんでした。
政治家の資質が、そういっちゃ悪いけど、そもそも悪かったか、それともまだ、
経験不足なのか、今の政治はひどいもんです。
野田政権はまったくだめだけど、じゃあ、かといってあと誰がいるか。
前原さんなんかなったら最悪です。野田さんよりアメリカべったり。
日本をアメリカの属国にしてしまうんじゃないかしら。原発推進だし。
と言って、自民党に戻ったら良くなるか、というと、こちらも人材がいませんねえ……
それに、何のために政権交代したかわからなくなっちゃう。
と言って、橋下流のやり方も危険だし。
社共その他の政党は、もう…
いずれ来る次の選挙。いったい国民はどうしたらいいんでしょうね。
ほんとに、朱鷺みたいに、いい政治家借りてきて増やしたいですね。^^
ふ~う…

んさん。ありがとうございま~す♪

本物の政治家は

日本では「ほぼ絶滅した」とわしは考えてます。
まるで癌細胞化したかの様な「政治屋」が蔓延るばかりで・・・

民主党には最初から期待して無かった。
自民党で役に立たない癖に権力大好きな連中と、野党のポンコツ議員の集合体。
やってる事は「劣化自民党」と云っても過言ではないことばかりで・・・

絶滅危惧種の日本の政治家・・・朱鷺の様に外国から借り受けて増やせれば良いんじゃがのう。
でも、人間と朱鷺は違うからのう、尖閣や竹島、北方領土は我が国の領土!と刷り込みされてたりすると目も当てられんし。

Re: hasutama いもうとへ 追伸よ

肝心のURL,書くの忘れてた!
http://youtu.be/yp0ZhgEYoBI

これ、長いですから、疲れますからね♪
のんびりどうぞ。実はわたしもまだ最後までちゃんと見てないです!(爆)

Re: hasutama さんへ

hasutama さん、こんばんは。

おうおう!共に泣こう、妹よ!なんてね^^

私もね、今日ようやく、書いたんですよ。うみそら居士さんところに伺って、
勇気いただいて、とりあえず、書きやすいところから書いていこうと思ったところです。

野田政権の大飯原発再稼働のためのこのところの動きは、かなり、かなり、
がっかりさせられました。この政権は、事故の反省も充分にしないまま、
何が何でも再稼働しようとしてるんだなあ、と。
なんだかね、わたしがこんなところでぶつぶつ言ってたってなんにもならないなあ、
と、考える事がばかばかしくなっちゃって、私もここのところ無口になって
しまってました。
だから、hasutamaさんの気持ち、よくわかります~。

『元スイス大使が、4号機の危機的状況に対し
日本は国際的な責務を果たすべきで、 世界の命運がかかったこの問題が
関心を招くのは当然のことなのに、福島事故を抱えた日本の無関心は異常である・・
と枝野・細野両大臣と米倉・日本経団連会長に要請したんだとか!
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120413-00000308-alterna-soci

そうそう。これ!ね!
恥ずかしいですよね。
ところが米倉さんなんかは、東電をいじめちゃいけない、なんて言ってるんですから。
日本の現状は、日本人に一番見えてないんじゃないでしょうか。
『世界が見た福島原発災害─海外メディアが報じる真実』という本を読みました。
私は今、東電に続いて最も責めを負うべきはこの国のマスコミじゃなかったのか、
と思っています。安全神話を垂れ流してきて、こんな事故が起きてもまだ、
正当な批判精神を発揮してない!

あ~。私も今、頭がごちゃごちゃです~!
ほんとはね。綺麗なものいっぱい見て、綺麗な記事書きたい!
もううんざり、という時もあります…。

ところでhasutamaさん、『Thrive』って映像。ご覧になりましたか?
これ、なんだか怖いような、とっても希望もあるような、すごい話なんです。
トーラス型の自由エネルギーというものがこの世界にはあって、それを使えば、
原子力も石油も石炭もいらない。その取り出しかたはエジソンの同時代の
科学者から、営々と研究されてきているんだけれど、なぜかそれらの研究者は
権力によって迫害され、研究が阻害されてきたというんですね。
そして、そこから現在の世界の、一部の超富裕者による世界の経済支配、貧困拡大…
ヘと話が発展していく。
はなさかすーさんが、ブログで紹介してらして、わたし、お気に入りにだけは
加えてあったんですが、まだ見てなかったんです。
hsutamaさん。ご覧になったかなあ…。信じるか信じないかは別にして、
すっごい怖いような、とても興味深い話ですぅ。

いつか、また、ここで紹介出来たらな、って思いますが、私もまだ、
完全に理解できてないので!i-201
トーラスとかフラクタルとか、古代の文様とか自然界にある、…えっと!(笑)
なんだっけ、すっごい不思議な文様とか…ミステリーサークルも出てくるし…
この説明じゃわからないですね。わたし、素養がなくって…^^

お暇の時にでも、よろしかったら♪^^

あんまり、深くお悩みになりませんようになさってくださいね。
私ね、暇だから、あれこれ考えてみてますが、それでもすごく疲れます。

いもうとよ~。おね~さんがあなたを守るから、安心してらっしゃい! な~んてね!^^
私も娘が茨城に仕事で通っています。
地震などあるたびに福島の震度を見る癖がついてしまいました。
いざとなったら、もう各々が、出来るだけ生き延びるしかないと言い合っています。

なんでなんで?こんなことになっちゃったのでしょうか!……
でも、負けずに、元気に生きていきましょうね♪



Re: 大門先生へ

> 本物の政治家さん一体何人いるんだろうか?

先生。こんばんは~。
ほんとですよね。
わたしたちは直接政治が出来ない。そのために、ある政治家に投票して、
任せるしかないんですが、その政治家たちは、選挙に通ってしまったら、
あとはもう、政争に明け暮れて、国民に必要なことは後回し。

ほんとにこの国を良くしようという、使命感に燃えた人はいるのでしょうか。
経済界の方しか向いていないように見える野田政権には、最初から期待しては
いなかったとは言うものの、それにしてもまったくがっかりです。
と言って、自民党が良いというわけでもないし、橋下さんも、とても怖い一面がある…

ほんとに、どこにこの気持ちを託していいのか。
情けないですね。

でも、先生と話させていただくと、ちょっとほっとしま~す!
ありがとうございます♪

おね~さまに言いつけたい!

こんにちわ!

え~んえ~んi-201
頭がついていかなくて、結局のところ・・「次に地震があったら娘達をどう逃がせばいいのだろう?」なんてことしか考えられなくなっていますよ~i-201

4号機のことにしても、カバー設置に来年秋までかかると今朝のニュースで言っていたけどi-201元スイス大使が、4号機の危機的状況に対し日本は国際的な責務を果たすべきで、 世界の命運がかかったこの問題が関心を招くのは当然のことなのに、福島事故を抱えた日本の無関心は異常である・・と枝野・細野両大臣と米倉・日本経団連会長に要請したんだとか!http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120413-00000308-alterna-sociまったくあたりまえのことなのに、人から言われなきゃわからないのは、「世界の命運」よりも再稼動のほうが大事だから?・・ というより、こういうこと言われるのは、わざと「日本の無関心を作り出している」からですよね!
まさかこれを受けてやっと言い訳のようにカバーのことを考え始めたんじゃ?と疑わしくもなります とにかく国民はバカにされきっています~i-240

なんてなんてi-201愚痴だらけのわたくし・・
丁寧に考察を進められる彼岸花お姉さまを、心より尊敬しますi-228

No title

本物の政治家さん一体何人いるんだろうか?
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード