『桜逍遥』

今さら桜?という気もしますが、それは関東以南での話。
これから桜が咲き始める、というところもありますね。

我が家は東京の西郊にありますが、山に近いせいか、都心の、上野の桜などよりは
毎年、一週間から10日は遅く盛りを迎えます。
染井吉野の頃の、家の近くの川は、こんな感じです。
およそ1.5キロくらいは、このような桜並木が川の両岸に続きます。


2011_0413_173953-CIMG7043 (640x480)




2011_0413_170455-CIMG6974.jpg





2011_0413_170937-CIMG6980.jpg





2011_0413_170955-CIMG6982.jpg





枝垂れ桜の大木もあります。


2011_0413_171622-CIMG6999.jpg




2011_0413_170027-CIMG6970.jpg





2011_0413_171240-CIMG6987.jpg




枝垂れ桜と染井吉野の競演。


2011_0413_171327-CIMG6989.jpg




2011_0413_171532-CIMG6997.jpg






2011_0413_172304-CIMG7013.jpg



さすがに今は、染井吉野と山桜はもう葉桜になって、
今は、八重桜が綺麗です。
染井吉野の半数くらいはあって、桜の季節を長く楽しませてくれます。
日付設定が狂っていますが、この写真は皆、今年の桜です。


ね。いいところに住んでいるでしょう?^^



2011_0421_165711-CIMG7083.jpg





そして。
これが私の、もっとも愛する桜の樹。
オオシマザクラです。匂い大島。
染井吉野に10日ほど遅れて咲き、素晴らしい香りがあります。
少し離れた橋の上からさえ、その芳香を嗅ぐことが出来ます。
花は純白。染井吉野より少し大ぶりの花です。
下を流れる川面の上にまで、大きく枝をさしのばし、
幹は一かかえもある、それは見事な桜です。


私の最も愛する桜








久しぶりに。

2011_0421_165256-CIMG7080.jpg












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: そらまめさんへ

そらまめさん。こんばんは♪
これから桜。5月になるんですのにね~。^^
一度にいろいろな花が咲くのでしょう?
西の方じゃ、もう藤の花ですって!
…ほんとに、日本は南北に長いんなだあって実感しますね。

我が家のあたりは東京でもちょっと山に近く気温が低いので、
八重桜が今、見頃です。庭の木蓮もこれから。

いいなあ。県内の桜めぐりですか~!K市の武家屋敷とかかな?^^
一度行ってみたいところです!
私はゴールデンウイークと言えども、どこにも行きません。i-241
でも、映画くらいならいけるかな…
あ。たぶんデモに行きます!♪ さびし~ッ!(笑)

また、旅の様子など見せてくださいね♪
いいないいな~。武家屋敷の枝垂れ桜か~~ぁ♪
楽しんでいらしてくださいね~♪






No title

私の住んでいる地域では、ようやく固いつぼみがほんのりピンク色に
染まってきました。
(県南ではもう咲き始めてますが、むしろ満開手前?)
明日からGW、武家屋敷の枝垂桜など県内の桜を巡ってきま~す。

もう家の庭では桜は楽しめないので・・・・。(苦笑)

Re: さおるさんへ

さおるさん。こんばんは♪

いいところでしょう~?
はい。この道が、私がいつも、自転車又は徒歩で買い物などに行く道です。
私が、流星群を求め夜中に空を見上げている川原でもあります。^^

去年はほんとに桜を見なかった。
でも、今年は、事故前と同じ気持ちとはいかないけれど、年に一度の花なんだから
やっぱり記録しておこうかな~と思って、写真を撮りに出ました。
なぜか今年は曇天の日ばかりだった気がしますが。
今夜も、花腐しの雨が降っていますよ~~。
八重桜はね。房のようになって咲いているのを掌に受けるとね、
ひんやり冷たいんですよね。
熱があるとき、この花にうずもれると気持ちが良いだろうな~って思う。^^

はあ~

はあ~。色っぽいな~。

染井吉野が潔く散った後に、ご褒美のように続けて咲いてくれる八重さくら。
私も、毎年とっても贅沢な気分にひたります。
素晴らしい桜並木でしね。
普段は、その並木の下を自転車で、行き交われるのでしょうか。。。

来年からは、ぽてっと咲く八重桜を見て、
私も、乳房をおもうのでしょう。

彼岸花さんのところで、さいごの桜の見納めをさせて頂きました。
はあ~ 満ち足りた。v-238

Re:タロコさんへ

タロコさん。こんばんは~。

綺麗でしょう?^^
わたしは、小さいころから引っ越しばかりしていて、土地というものに執着のない
人間ですが、この川べりの道だけは気に入っています。
桜の樹も、あまり大きくなりすぎて、下から仰いでも、高くて花がよく見えない、
というふうになると、少し魅力が失せる気がします。
その点、ここの桜は、今がちょうどいい大きさなのかな。
低い枝には手が届くくらいで、花の一つ一つを良く見、香りを嗅ぐことも
出来ますし、また、樹下に立てば、頭上に壮麗な花のドームが出来て、
『花のトンネル』感を満喫することもできますし。^^

誰が最初に、ここに桜を植えて行こうと考えてくれたのか、
その人に感謝したい気持ちです。
でも、観光地化などされてないので、、ゆっくり花を見ながら散歩できるんですよ。

トンネルを抜けたら、希望が…
トンネルを抜けたら、あなたが…

という具合だといいんですけどね!(笑)

No title

ふわ~~~美しい!
彼岸花さん、こんなところに住んでいらっしゃる、なんとも羨ましいことです!
オオシマザクラって初めて見ました。節くれ立った幹にしたたかさを感じます。
この花の下を歩くだけで酔っぱらってしまいそうですね。
トンネルを抜けたら何が待っているんでしょうか。

Re: 乙山さんへ

乙山さん、こんばんは♪

私の住む街は、山に割と近いので、都心よりだいぶ桜が遅いです。
今は八重桜が8分咲き。これからもう少し楽しめそうです。

今日は、東京もちょっと暑いくらいでした。
で、久しぶりの庭仕事。^^
だいぶ増えてきたどくだみを少し引っこ抜いて、どくだみ臭くなりました!^^
どんな匂いか…強烈に青臭い匂いです。
でも、なぜか好きで…(笑) なんといいますか、『昔の青年の匂い』です。
郷里の実力者に紹介してもらい東京の名士の家に書生に入って、
玄関脇の3畳間で寝起きしながら、大学に通っている青年の匂い(爆)

この桜並木は、30年前、ここに越して来た時は、数本くらいしかなかったんですよ。
市が植えたのかなあ。若い木が植えられていって、『こんな細い木、どうなるの?』
と思っていたら、桜は成長が早いですね。今、こんな見事な桜並木に。
風に桜が散る日は、さらにいいですよ♪

ありがとうございます♪

桜のトンネル

こんばんは。
こちら(関西)はもうほとんど散ってしまっており、
葉桜という感じです。なにしろ上着を着ていると、
なんだか汗ばむくらいの気温なんですよ。

写真の桜、素晴らしいですね。
枝が伸びていって、道をぐるりと囲むまでになっています。
桜のトンネル、という言葉がいささかも大袈裟でない、
そんな素晴らしい桜並木ですね。

Re: 大門先生へ

は~い。我が家の方も、八重桜はまだ8分咲きといったところです~。
今、川に鯉のぼりも飾られ、今日あたりは初夏の感じでしたよ。

そちらもこれからですか。春が美しいんでしょうねえ。
行ってみたいです♪
あ~。旅がしたいです~~~~~~!

No title

八重桜はこっち今からだぁああああ

Re: NANTEIさんへ

こんにちは♪

八重桜の花は、『半玉』のイメージですか!?(笑)
そりゃ可愛いですね♪
そしたら、『乳房の重み』というイメージにつながりませんね(笑)

私の八重桜のイメージは、昔で言う大年増(30歳くらい)の、色白の、
熟れた女性のイメージです(笑)
若い娘のかたい乳房ではなく、やはらかに重たい乳房。
無論私のような婆さんののではありません!そもそも私は洗濯板ですし…

…何を言ってんだ、私は!(爆)

南亭師匠は、桜は青空の下でご覧になるのがお好きでいらっしゃいますか?
私は、青空を背景に見るのもいいと思いますが、曇天の日に見るのが
結構好きです。
それというわけではありませんが、今年は、青空の下で見られる日が
少なかったように思います。この日も夕暮れ間近の曇天の日でした。
でも、晴れた日でも、桜というものは輝くように明るい花では
ないですね。^^一つ一つは白いけれど、全体としてみると煙るような色の花。

桜逍遥、お付き合いいただきあるがとうございました♪

No title

「乳房の重み・・・」

八重桜の厚ぼったい姿は、
妙に艶めかしく感じるときがあります。
でもその艶めかしさは、姐さんではなく半玉の時折のぞかせる、
どきりとするような瞬間でしょう。
半玉さんの乳房の重み・・・うーん。

なにを言ってるのだろう、私は(爆笑!

しかし、桜はけっして明るい色ではないですね。

堪能しました。

Re: spoon ride さんへ

こんにちは!^^

高知も桜の名所。たくさんあるでしょうねえ!
一度行ってみたいです。
高知では足摺岬にいきたいなあ。私ね、田宮虎彦の『足摺岬』
大好きなんです。あとね、『絵金祭り』に行きたいなあ…。

この川べりの桜並木、いいでしょう?
もっと凄い桜の名所は全国にたくさんあるだろうけれど、歩いてすぐの近くに、
日常の場としてこういうところがあるのが気にいっています。
宴会などして騒ぐ人もいないし、近所の人が散歩しているだけ。
それでも、およそ歩いて20分ほどはこの並木が続くんですよ。^^
私がここに引っ越してきて間もなく、若い樹を誰かが(市かな)植えたんです。
それが30年後の今ではこんな並木に。

私も同じです。去年は私も、桜を見る元気さえありませんでした。
この桜にも、この新鮮な青草にも、微量ではあっても放射性物質が
降り注いだんだな…そう思うと、美しい風景がかえって悲しく、
ああ、日本人は取り返しのつかないことをしてしまったなあ!と胸ふたぎました。

まして。
福島の、原発近くの桜は、この上もなくせつないですね。
どんなに美しく咲いていても、見てくれる人はなく。

…今でも、悲しみが癒えたわけではありません。ここ2週間ほどは私も、
被災地のことより経済のことしか考えていない政治のあまりにのひどさに
絶望して、ふさぎこんでいました。
望む方と違う方へ違う方へと行っていっている気がします。
それに鋭く切り込む報道の力も、今は信用なりませんしね……。

それでも、あきらめて黙っちゃったらおしまいなので、今日はまた元気を出して
次の記事書きま~す!

ありがとうございます♪

こんにちは

なんて美しいところに住まわれているんでしょう。
高知も桜が綺麗な場所は多数ありますが、この枝垂れ桜は本当に素晴らしいですね。
福島でも人のいない場所でも同じように咲いている…。
何の変化もないように見えても汚染されているなんて。
現実と報道のギャップに苦悩しています。
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード