『大飯原発再稼働に断固反対する』



明日6月16日朝にでも、野田総理は官邸で福井県知事と会談。
そのあと枝野氏など関係閣僚と協議して、いよいよ、大飯原発再稼働の
ゴーサインを出しそうである。

断固、断固!このような愚かな政権に抗議する!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: Angela さんへ

Angelaさん。こんにちは。

本当に開いた口がふさがりませんね。
もう、野田総理の顔を見るのさえいやです。
ただ…彼の後ろに、彼を動かしている人物がうじょうじょいるんですよね。
仙石氏や、経団連の米倉会長や、官僚たちが…

しかし、この政権がとっている政治手法は許せません。
一部の利益集団が国政を動かす。反対するものを恫喝する。
ネットの規制を強める。
700万近い原発いらないの署名もおそらく一顧だにしないでしょう。

そして、この、国民の挙げる声に対するマスコミの扱いの小ささ!

なんなんでしょう、この国は!

22日。今度こそ、わたしも行きますよ!
ここでも、ご案内するつもりです。

Angela さん。いつもありがとうございます♪

開いた口が

塞がらないとはこのことでしょうか。”民主”とは名ばかり。そして、今度こそマスメディアの終焉(除く東京新聞)。次回、官邸前6月22日18時からです。怒りや反対ではなく、未来、平和のために!

Re: NANTEIさんへ

ほんとですね。なんだか怒りを通り越して虚しい…
私もこの国に絶望しかかっています。
どこまで遡ったら、その大元の原因に辿り着けるでしょう。

これまでにもひどい時代はいろいろありました。
しかし、瀬戸内寂聴さんがいみじくもおっしゃった、
「長く生きてきたけど、これほどひどい時代は無かった!」という言葉が
実感として感じられるのです。
戦争中はそりゃひどかった。戦後の食糧難もひどかった…。
人がどんどん死んでいく時代…戦争ほどの不幸、悪は無いでしょう。
寂聴さんが言ったのはそういうことではないと思います。
ここに来て、日本がこれまで直視しないで誤魔化して、先送り先送りしてきた
弊害が一気に表面化した感じですね。

今、書こうとして考えを纏めていることがあります。
それが、ここで今、NANTEIさんがお書き下さったことへの、ほんとうのお返事になるかと
思います。2,3日うちに頑張って書いてみますから、またどうぞお読みいただければ、と
思っています。^^

日本の政治は、腐臭を放ちはじめましたね。国政だけでなく地方議会もそうです。
そうさせたのは結局国民です。
日本は金の亡者になり下がってしまいました。
NANTEIさんがお書き下さったような、生活保護受給者のある実態。
本当に困窮している人もいるのは無論でしょうが、お書きになったように、
生活保護を受ける方が楽だから、と、働いて自分を支えるという人間のプライドを
かなぐり捨てている不正受給者も多いのだろうと思います。
それは無論、本人たちが悪い。一所懸命昼も夜も働いても生活保護レベルの賃金さえ
得られない人々が一方でいるんですものね。
しかし、その両方とも、本人たちの意欲のなさのせいや、能力の低さのせいにして
しまうのは、ちょっと早計に過ぎる。
そういう人々が増えているその背景には、必ず、社会のある歪みが隠れている気がします。

人間が健康な勤労意欲を持って働く社会。働けば、贅沢ではなくともこころ豊かな暮らしが
出来る社会。…それが理想であるはずなのですが、なかなかそれが出来ないんですね・・・
いや、ある時代、それが実現されかかっていたのかな、と錯覚する時代もかつて
日本にありましたね。高度成長を成し遂げたころ…
でも、それに取り残された地域がありました。
それが今の六ヶ所村であり、福島浜通りであり、福井の原発地帯です…
急速に発展を遂げつつあった日本。大都市に人口は集中。夢と活気にあふれていました。
その景気を支えるための電気。その景気を支えるための化学工場。
大都市周辺には作れない。…金の力で、過疎の村を買収して行きました。

金を急に手にしたものは、金の使い方を知りません。
家を新築する、車を買う。酒や賭博などの遊興に使う。
自治体はとにかく巨大な箱モノを作る!
それはなにも、原発誘致した村だけでなく、例えば極北の資源開発によって土地を
奪われた代わりに大金を手にしたイヌイットたちが、すべて、金を出さねば手に入れられない、
という市場経済の仕組みの中でそのなけなしの金を、あっという間に失っていくこと、
飲酒や賭けごとといった遊興が、さらにその金を失わせていったこと。
そんな例と酷似しています。
白人に土地を奪われて居住区に無理やり押し込められたアメリカインディアンたちは、
その居住区でウランが出るとなると、さらにその土地を簒奪された。
代わりに得たのは金。ここでも似たようなことが起こりました。
ウランの採掘現場で職は得られる。でも、安全のための教育などなし。
無知な一部のものは、ウラン鉱石を持ちかえって、自宅の建材にしていたなどという…!

これらを無知と怠惰のせい、と決めつけることは出来ませんね。

…日本はだんだん、こういった精神状態に近くなっていっている気がしてなりません。

本来は社会の不正に一番鋭敏であるべきジャーナリズムが、この国では
一部ネットを通じてしか、ほとんど機能していない…

見れば見るほど、考えれば考えるほど、この国の将来に不安が濃くなっていってしまいます。
トランプのカードのようにシャッフル出来ればどんなにいいでしょうか。
でもシャッフルした結果は、民主党右派と自民党公明党の大連立。少数派はもう以降
何十年、また再び政権交代なし、しかも大連立したその巨大政党は、
極右的色彩を持って、日本を戦争に引きずり込む、そんな志向も持っている政党に
なるのではないかと私は思っています。言論統制も強化されるでしょう。

…書いてて何だか寂しくなってきました。

こんな国にするために、俺たちはわたしたちは頑張ってきたのか!

そんなことを梅雨空に叫んでみたくなります。 

No title

日本人特有の責任所在のないシナリオ、
それも最低最悪の脚本がとうとう実演されました。
私は日本はもう終わりだと思います。
一度シャッフルしないとほんとうに終わりだと思います。

大飯だけの問題だけではなく、
日本はとんでもなく病んでいます。
箍の外れた国になっています。

連れあいの仕事のなかでも目を覆いたくなることが増えています。
生活保護、いわゆる生保のお金を受給する人が、
210万人を超えたことはもうご存じでしょう。

生保の受給の日が基本的に毎月1日。
その日に一体どんなことがあるとお思いですか。

まず、全国のパチンコ屋が台の釘を緩めるのです。
ということは遊びやすくして受給の金を吸い取ろうとするわけです。

あるいは地方競馬、競輪場で全て吐き出し、
電気、ガス代、水道代は貯めっぱなしでとうとう停められてしまう。
もしかしたらこの私より恵まれた生活が可能かもしれないのに、
毎月1日は、福祉科のあるビルの一階から窓口のある階まで、
何ともいえない饐えた匂いが絶えることがないと言います。

生保を受けるにはそれなりの理由があるでしょう。
けれどもその毎月十数万円のお金は、ただただ死んだ金になっているのです。
全部が全部とは言いませんが、
なんの希望もない支給金として消えてゆく方が圧倒的に多いと、
現場を見てきている人達は怒りと無力感を口ぐちにしています。

しかし、私に言わせるとこの生保の方々も「棄民」なのでしょう。
ただ金を支給すれば済むという手抜きの政策。
年間二兆円近い税金を使って、
棄民を増やしていると言っても過言ではないでしょう。

国政が饐えた匂いを発すると、民も饐えてくるようです。

ほんと、思いきった虫干しをしなければ!
しかし、私の目の黒いうちは絶対むり!!

ですからこれらの念を、熱くそして理を尽くして次の人達に残さねば。
でも、ほんとうに悔しい!!

Re: 愛希穂さんへ

愛希穂さん。おはようございます。
野田内閣は史上最悪の内閣として、これからずっと国民に記憶されるでしょうね。
福島の危険はそのまま。地震津波の被災地の復興も棚上げ。
そして彼が突っ走ってきたのは、消費増税と原発再稼働です。
消費増税も、一体で進めるはずの社会保障の方はこれも棚上げ。
そして、自公と組んで、大事なことを決めてしまった今回の手法は、
そのまま、大連立へと道筋をつけてしまいました。
大連立ほど愚かなことはありません。もう、国民は政権交代を夢見ることは
出来なくなり、少数政党の声は抹殺、ということは、国民が何か言っても
少数派の意見は一切通らなくなるということです。
大連立をこれまで望んで水面下で動いてきたのは、改憲派の軍備増強派の
親米派の馬鹿ポチの、しかも原発強硬推進派と大体一致しています。
そして、その陰には、治安維持法にも似た国民の言論統制もじわじわ
進行しつつあります。

こんな恐ろしいことがこの国で進行しつつある。
それなのに、おっしゃるように、大手メディアは、その恐ろしさを伝えない。
(オームの逮捕劇は何か妙ですね。タイミングが合いすぎます。)
海外からは、ヤツコ米原子力規制委員会委員長が大飯再稼働に慎重であるよう
声明を出している。ドイツ緑の党も抗議。イタリアからも抗議の声。
海外は福一4号機の崩壊の危険性を良く認識し、大きな危機感を抱いている。
世界が声を上げ、日本を支援して協力して4号機に今すぐ手を打たねば!という認識です。

それなのに…それを認識するどころか大飯再稼働を、国民の大多数の声を無視して
敢行し、しかもまた、自公と組んで、40年廃炉どころかさらに20年延長を認めると
いう自民党案まで飲もうとしている!!!
自民党は原発導入の張本人です。安全対策を怠って54基も原発をつくってきた
張本人。それと組むんですからね。野田馬鹿政権のこころは、国民の幸福になどは無く
ただ、己が、総理大臣として何か大きなことを一つ決めた!という愚かな自己満足と、
米倉会長のような経済界のドンと、アメリカ(それも共和党)に頭を撫でてもらいたい
…ただそれだけの小心者の集まり政権なんでしょう。
これから、その馬鹿政権の決定にずうっと縛られていく国民はどうすればいいのでしょう!
憤怒と悲しみと焦燥とで、わたし、怒り狂っていますよ。

行動します!なんでも出来ることやる!
黙っていては、この愚かな政治を微笑んで見ているのと同じことになりますものね。
愛希穂さん。ありがとう~!

No title

昨夜の官邸前の1万人を超えた「原発要らない」デモでの一般庶民の声を、そして福島のあの女性達の声を彼は無視するつもりなのでしょうか。
いったい彼は何様のつもりなのか。何もできない、言いなりのロボットでしかない、無能な自分を恥じないのでしょうか。日本を不幸のどん底に陥れている元凶だとまるで分かっていない。

昨日のあのデモを、今朝の新聞は一行も伝えていません。
民自公の協議さえほとんど取り上げないで、タイミングを見計らったようなオウム高橋容疑者の逮捕ばかりを取り上げ、それを新聞の一面に載せる朝日。

そういった権力側にいる者たちのやり方に憤りを心底覚えますが、無力感も覚えますが、あきらめたら、それこそ彼らの思うつぼ。あきらめずに、根気よく声を上げ続けていきたいです。

プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード