『パブリックコメント書いて送ろう!』

現在、政府は、東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所の事故を踏まえ、
エネルギー・環境戦略の見直しを行っている。そしてそのために『国民的議論』を
した上で、将来の日本のエネルギー戦略を決定するのだそうだ。

…その国民的議論というのは、以下のようなもの。

  (1)エネルギー・環境の選択肢に関する意見聴取会
   ⇒国民が意見を表明する聴取会を全国11 カ所で開催
 (2)エネルギー・環境戦略に関するパブリックコメントの募集
   ⇒7月2日(月)から8月12日まで
 (3)エネルギー・環境戦略の選択肢に関する討論型世論調査
   ⇒8月上旬に無作為抽出で募集した多様な意見を持つ少人数グループを組成、
    委員会が作成した資料に基づき学習し、その上でグループ討議を実施

政府はこれらの国民の意見を参考にしながら8月中に、「革新的エネルギー・環境戦略」
としてまとめるつもりだという。

(2)のパブリックコメント。折角国に意見を言う機会。これを見過ごすことは出来ない。
もし、意図的に、政府の息のかかった者が大量に、20~25%などという選択肢を
パブコメとして送りつけたりしたら、『国民の多くは20~25%を選択しました』ということに
され、原発再稼働どころか、40年廃炉のはずが50年60年と老朽化した原発を動かし、
さらにはバンバン原発を新設する道を国民が選んだということにされかねないのである。
これはもう、是非、2030年には原発依存0、という意見をたくさん送りこまねばならぬ。

ある意味で、これは官邸前で再稼働NO!原発いらない!と叫ぶのと同じかそれ以上に
切実な、差し迫った行動が求められているということになる。
みなさん。是非是非、簡単にでいいですから、パブコメを送ってください。
後ろに文例集をつけておきますので。



パブコメの募集期間は、平成24年7月2日から8月12日までの間。
2030年のエネルギー・環境に関する3つの選択肢
原発依存度を基準に、 ①ゼロシナリオ、
              ②15シナリオ、
              ③20~25シナリオ
(数字は依存度を表す%)

2030年度の時点で、日本が原発にどの程度依存するかを、
上記の3つの選択肢の中から選び、意見を述べることが出来る。

無論私が選択するのは、①の原発依存0%シナリオ。


そもそも、この3つの選択肢がここにこうして国民の目の前に置かれるまでには
すったもんだの議論があった。
まず。原子力委員会 新大綱策定会議。ここには金子勝氏や、原子力資料情報室共同代表の
伴英幸氏など反原発の委員も数人参加していた。ところが、この会議の裏で、
原子力委員会が大飯再稼働に関連して議案隠しをしたり、電力会社(電事連)に事務局が
議案作成の資料情報を流したのではないかということが毎日新聞のスクープですっぱ抜かれた。
要するにこういう表の会議の陰で、電力業界と原子力委員会が裏で通じていたという疑惑である。
原子力委員会の原子力大綱の検討委員会が秘密会議というのをやっていたという。
裏でそこに出すための案を業界・利害当事者を呼んですり合わせをしていたと、
実際内容も書き換えたということが報じられている。

詳しくお知りになりたい方はこの映像を。いいわけが見苦しい。http://www.ustream.tv/recorded/22785000

また、総合資源エネルギー調査会、基本問題委員会当の議論では、
エネルギーミックスの案として、最初のうちこんな5つが上げられていた。
(1)市場における需要家の選択により最適な電源構成を実現
(2)0%
(3)15%
(4)20~25%
(5)35%

(1)は、国として決めるのではなく、市場原理に任せる、ということである!国としての責任を回避!
(5)の35%は、『咬ませ犬』であるという厳しい批判が脱原発の考え方を持つ人々から
寄せられた。『咬ませ犬』…要するに、これを入れておけば、政府が本当は
これを選択したい20~25%が妥当に見える、という効果があるということである。
2030年に35%ということは、今あるものをフル稼働するのは無論、建設中のものを
完成させさらに数多くの原発をどんどん新規建設し、さらに40年廃炉を50年、60年に
するということである。これはもう、まったくの原発推進であって、脱原発依存などではない。
こういうひどいものを入れておけば、20~25%がまっとうに見えるという効果があるのである。

もっとひどいことに、これよりさらに以前は、0からいきなり20%に飛んでいたのである。
こういう選択肢の示し方のテクニックとして0か、20~25か、35かという選択肢を
示せば、人間はまん中を選びがちであるということを官僚たちは知り尽くしているのだ。
金子勝委員など脱原発の委員が粘ってようやく15%という数値を入れた。

さて。このようにして原発推進派の委員と脱原発の委員の熾烈な綱引きが行われて、
一番上にあげた①0% ②15% ③20~25%という選択肢は決定された。

今も言ったようにこういう選択肢では、人間は真ん中のいわゆる中庸を選びがちである。
0は極端。15%くらいでいいんじゃないの、と。

しかし、その心理が実は極めて危ないのである。これらの%が実際はどういうことか
ということを書いてみる。
0%ははっきりしているから説明はしない。
②の15%であるが、福島原発事故前の我が国の原発依存率は26%くらいだった。
それに比べれば減原発になっているように一見思える。
しかし、日本の原発は、本来40年で廃炉すると決められた老朽化しつつある基が
たくさんある。政府が認めてしまいそうなようには50年、60年の延長を
一切認めず、40年が来たものをきちんと廃炉していき、新規建設を認めないと
いうふうにすれば、日本の原発依存は2030年には放っておいても15%に
なってしまうのである!
つまり、この15%の数字は、脱原発依存という、政府が国民にそして世界に対し
約束した方針にもかかわらず、なにも具体的には脱原発に向けて手を打たず、
放っておく、というのがこの数字なのだ!

③の20~25%に至っては、以上のような事情から、40年経った老朽化したものを
さらに10年、20年稼働認めるか、それをしないなら新たに14基も新規建設しなければ、
事故前に26%あった数字も維持できない。要するにこの20~25%は減原発などではなく、
この地震国日本で老朽化した原子炉を働かせ続けるということ、新規立地するということ、
すなわち原発推進でしかこれもないのである。

今、日本の原発から出続けていた使用済み核燃料は、その置き場が無くなりつつある。
福島第一4号機に使用中だったもの使用済みのものを含め1535体もの核燃料が
プールに仮置きしてあり、そのプールが地震などで壊れたり、また冷却のための配管
のどこかが不具合を起こしでもしてそれらの燃料が冷却できなくなったら、日本は終わりだと、
世界から警告を受けている。実はあれは福島だけの問題なのではなく、行き場を持たない
使用済み核燃料は、みんなの住む街に近い各原発施設の建屋の中にあるいは敷地の中に、
福島と同じようにひそかに仮置きされて冷却され続けている。冷却が止まったら、大変なのは
福島と同じなのだ。しかもその収容力はもう限界に近付いている……

「電事連によると、全原発の使用済み核燃料プールの保管容量は2万630トン。このうち7割近くが埋まり、残りは6400トン分しかない。全原発が通常通り運転した場合、発生する使用済み燃料は年間千トン。6年ほどで満杯になる計算だ。1999年から各原発の使用済み核燃料を受け入れている青森県六ヶ所村の再処理施設も2860トンに達し、限界(3千トン)が迫る。」(東京新聞2012.3.9)

つまり、このまま再稼働を政府が次々に容認していけば、いずれ6年後には使用済み核燃料の
置き場は無くなり、原発の稼働を中止せざるを得ないのである。
『トイレなきマンション』と言われる所以はここにもある。

…こう考えてくれば、もう、私たちが選びたいのは①の、0%しかないのではなかろうか?

ところがここで、経済のこと、電気料金のこと、CO2排出問題などが必ず
持ちだされてくる…
国民に一番関心があるのは、電気料金がこれらの①~③案で、どれがどのくらい
違ってくるのか、ということだろう。
マスコミなどは、『選択肢0%では電気代が今の2倍になる!』というような
センセーショナルな見出しが躍る。
ええっ??!!電気代が2倍?そりゃ大変だ! 0%はちょっとそれじゃ困るなあ…。

しかし。よくシミュレーションの数値を見てみると、15%~35%の場合でも、
電気代は、1.7倍になると出ている。
ところが、原子力ムラに取り込まれたマスコミは、そこのところは積極的には触れない!
気がついた人だけが、「なんだ!0で2倍。15~35%で1.7倍。そう違わないじゃないか。
そのくらいの違いならば、危険な原発などないほうを自分は選びたい」と思う。
でも、マスコミのセンセーショナルな見出ししか見ない多くのひとは、2倍になっては
大変だ!とただ思ってしまうのではなかろうか…

このように、こういう改定の素案をおそらく作る官僚は、数字のトリックを知りつくしている。
極めて極めてそういった意味で頭のいい人間たちである。マスコミも含め原子力ムラの
人々は、ありとあらゆる巧妙なやり方で、自分たちの思うように民を誘導していく…
なにしろ彼らは今、権力とそれをふるうための情報も手段も握っているのだから。

私には、これでさえごまかしの、甘い、再稼働推進寄りの選択肢に見えるこの3つの案。
それをかの、醜悪な経団連会長、米倉氏は、逆の立場から批判している。
『日本再生戦略』で目標とする名目3%増、実質2%増という経済成長に必要なエネルギーを
これでは確保できないというのである。福島をあのままに経済成長だけを言う醜悪!

本当は、本当は、2030年に原発0というのでさえなく、今すぐ、日本は
高らかに『原発0』を世界に宣言し、自然エネルギーへの転換をめざすべきだと
私は考えている。政府がその方針を明確にしないで、どうして自然エネルギーの開発が
活発に進むであろう。
原発推進派がこれまでいやというほど口にしてきた恫喝のことば…『原発をやめるというのなら
代替エネルギーの具体的見通しを出せ!』と言う言い分…
自分たちで、自然エネルギーの発展を積極的に妨害しておいて、よくそんなことが言えるものだ。
送電網の独占、マスコミによる自然エネルギー開発へのネガティブキャンペーンなど、
やりたい放題これまでやって来たのは自分たちではないか。

上記、電気料金の問題にしても、『0%なら電気料金が2倍に!』と、そこだけ書けば、
0%は困るな、と思う人がたくさんいるだろう。でも、他の案の15%~35%にしたって、
電気料金は1.7倍になる。そこのところをわざと見出しにしないところが、すでに
マスコミによるネガティブ操作なのである。
私たち国民はこういうものたちと戦っていかなければならない。ようく新聞を読み、
情報を精査する必要がある。
一見、真ん中がよさそう、という事なかれ主義のムードで、大事な決定をしないようにしないと…

3つのシナリオについてわかりやすくまとめてくれてあるサイトがあったので、
公平を期するため、メリットデメリットを含め載せておこう。

2030年原子力ゼロシナリオ
  ・化石燃料への依存率が高い→CO2削減が難しい
  ・現存の原発への地震津波対策・安全性向上のための改修費等が必要なくなる。
  ・直接処分決定なので、核燃料サイクルの研究終了→直接処分方法を具体化していく

2030年原子力15%シナリオ
  ・今既に建設中(間近)の大間・島根3号機・東通を稼働させる前提。
  ・新規建設は無し・40年廃炉が原則とすると2050年に原発全廃となるシナリオ。
  ・核燃サイクル・再処理研究費が必要?現存の使用済核燃料冷却施設を増設する必要がある。→先延ばし(費用予測できず)

2030年原子力20~25%シナリオ
  ・今までどおり原発を増設していき、40年廃炉の場合には新規建設が14基必要。或いは50年~60年稼働等をしなければ達成できない。(脱原発依存に反する)
  ・核燃サイクル・再処理研究費用が必要。現存の使用済核燃料冷却施設を増設する必要がある。→先延ばし(費用予測できず)



是非是非、みなさん、簡単でいいですから、パブコメを送りましょう!
黙っていてはパブコメというものは、政府の都合の良いようにいくらでも利用されてしまいます。
民意が20~25%などということにされてしまったら大変です!
何のためのデモなのか、原発国民投票運動するのか、意味がなくなってしまう!!!

政府が予定している、『討論型世論調査』。
これは、3000人ほどの無作為母集団から300人程度の抽出を行って行うもの。
原発依存の度合いについてその人たちに討論してもらい、その結果を日本のエネルギー戦略に
繁栄させていくのだという。
一見、国民にオープンな議論の場を提供し民意を反映させるということで、良さそうな
話だけれど、準備期間はわずかに一カ月!
人選も、あの数々の電力会社の『やらせ説明会』ややらせメールなどのやり口を
見ていると、公正かつ中立的な人選が行われるのかどうか、300人という少ない数字が
果たして民意を代表できるのか、といった大きな疑問がすでにある。
本当は、集められたおそらく素人の人々が、討論のための資料や専門家から
十分な情報提供を受け、じっくりと討論した後に再度意見を調査するには、相当な準備期間と
周到な調整が必要なはずである。
これは原発国民投票と同じに少なくとも一年くらいはじっくりかけてやるべきものである。
パブリックコメントも本当はそう。情報をもっと詳しく国民に開示して、こういうものをやります!
と、すくなくとも主要大新聞やNHKなどの主要メディアを通じて、国民に広く
知らせてから行われるべきだろう。官公庁の広報を注意深くウオッチしている人でなければ
気がつかないような『パブリック』コメントなどおかしい。ましてエネルギー政策という、
国の将来を左右するような重大な課題についてである!
私は河野太郎さんのtwitter で10日ほど前に知り、これは大変だ!とリツイートで
広めようとした…。
 
わずか300人の急集めな人々による『討論型世論調査』。

メディアの記事の見出しの扱いと同じで、議論というものは、一見民主的手段の
ように思えて、実は主催者の意志は司会者の選定や、配布する資料等の文言一つで
容易に好きな方向に誘導出来るものである。
特に、野田総理になってから、議論は一応行っても、最後に司会者が『三役に一任!』
とか宣言してしまえば、議論の流れなど一度で吹き飛ばされてしまう、そんな無茶苦茶な
手法が定着してしまいつつある。
この討論型世論調査がそんなふうに政府によってうまく誘導されてしまい、
最初から結論ありきの会議になって、『一応国民の意見はああしてちゃんと聞きましたよ』という、
「政策のアリバイづくり」にされなければいいが。
海外ではこの討論型世論調査(PD)は割とよく行われているらしい。
ただ、その準備段階として、中立的な委員会が資料をチェックし、人選も(電話ではなく)
訪問して決められるなど、準備期間として数カ月かけているらしい。
今回は開催まで1カ月。討論の結果をどう公表し使用するかの道筋もまだ明らかでない。

馬淵澄夫民主党議員は「おそらく選択肢「ゼロ」を避けるため大規模世論調査を行わず」、
一方で「迫り来る民主党代表選挙の争点などになるのを避けるため」、
このような形の調査を行うと推測している。(同氏のコラム)

拙速な国民への意見聞き取りの数々。本来なら一年以上かけて国民投票を行っても
いいくらいの大問題である。それをパブコメにしても、わずか一カ月の期間、しかも
知っている人しか知らない、というようなひそやかな方法…
このように政府が何かを急ぐ時は、裏に何かの重大な意図があるときであろう。
馬淵議員の言うように、来る選挙のためのいいわけづくり、目くらましと見れなくもない。
また、官邸前デモのように、国民の原発への関心と反感が高まっていく気運の中、
じっくり国民に考えさせたり議論をさせては、脱原発の声が燎原の火の如く
ひろがって行きかねない…。
国民が騒ぎださないうちに、国民がお馬鹿なうちに、『国民の意志』なるものを、
ここで出してしまわせようという意図もあるのではなかろうか。
下手をすると、このわずか一カ月間の国民参加を、これを『民意はこうだった!』と
後で、国民の選択の結果であって、責任は国民にある、などと言いだしかねない!!!


野田首相になってから、ほんとに政治が悪くなった…
いや、こういった巧妙な悪辣なやり方は、きっと自民党の頃からあったのであろう。
でも、それをあからさまにやって見せているのが野田政権である。

国民は、しっかりしないといけない。
いろいろなことが政策として決定されてしまったら、それを国民が変えるのは
実質不可能なことが多い。決められてしまう前の行動が大事である。
さらに言えば、普段からの国民の関心としっかりした現状把握が大事である。
政治をしっかり見つめていくこと。マスコミのうわべの報道の中身を読みこむ力を持つこと。

そういう危機感を持った取り組みはすでに一部国民の中から生まれている。
なにしろ一カ月しかないので!
それをひとつ紹介しよう。

討論型世論調査:原発政策巡り上智大教授ら、川崎市民に 情報提供し意見聞く /神奈川
(毎日新聞 2012年07月05日 地方版)

 電力供給に占める原子力発電の割合など将来のエネルギー政策について
政府が選択肢を示したことを巡り、学識者らの民間グループが今夏、川崎市民を対象に
「討論型世論調査」を実施する。柳下正治・上智大教授(環境政策)らのグループが、
「民間団体による中立・公平な意見集約の場も必要」として、今回の調査を企画した。
市民に情報を提供し議論してもらった上でそれぞれの意見を聞く手法で、
「中立の立場で、市民が考えた末に練られた意見を示すことが重要」と話している。
http://bochibochi-ikoka.doorblog.jp/archives/3438677.html

そう。政府が用意したお仕着せの討論会の前に、こうした市民レベルの自由な
議論が行われることがすごく大事だと思うのだ。恣意的にある方向に誘導されないで
(たとえそれが脱原発派によるものであろうと)自分の意見を国民がしっかり持つためには、
こうした市民の取り組みがこれからますます大事になっていくであろう。

どうか、皆さん。パブリックコメントを是非、お願いします。
そうして、これをお読みくださったお一人のかたがたがそれぞれにご家族や友人知人の
方々と、この日本の将来のエネルギーの選択肢について語り合って欲しいです。
皆でワイワイ話しあいながらパブコメを書いて送るというのも言いですね。

詳しい投稿方法は、この下の『続く』に載せておきます。
専用入力、FAX,郵送様式もそこでダウンロードできます。

また、『パブコメの例』も載せておきますので参考になさってください。
およその引き写しでもかまわないと思います。
グリーンピースジャパンのページからお借りしました。ページの下の方に例がたくさん載せてあります。


なお。最初の発表ではパブコメ受付を7月31日(火)までとしていましたが、
本日7月13日付で、『8月12日(日)午後6時まで必着』と変更になったようです。
訂正しておきます。

最後に。この3つの選択肢。実はそこにも巧妙な仕掛けがあります。
2030年、ということは、それまでは何がしか、原発を稼働させていく、ということ
ではないでしょうか。0の選択肢でさえそうです。2030年にゼロ、ということだから。
私は、この3つの中では無論2030年に原発ゼロ、を選ぶが、
本当は今すぐ、全原発を停止する、という考えだ、ということをパブコメに書いておこうと
思っています。






現在、政府は、東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所の事故を踏まえ、
エネルギー・環境戦略の見直しを行っています。
6月29日に、政府の「エネルギー・環境会議」(議長:古川国家戦略担当大臣)は、
2030年のエネルギー・環境に関する3つの選択肢

原発依存度を基準に、 ①ゼロシナリオ、
              ②15シナリオ、
              ③20~25シナリオ

を取りまとめました。
今後、3つの選択肢に関する国民的議論を礎として、8月にエネルギー・環境の
大きな方向を定める革新的エネルギー・環境戦略を決定し、政府として責任ある選択を行います。

つきましては平成24年7月2日から8月12日までの間、
「エネルギー・環境に関する選択肢」に対する御意見を募集いたします。

○御意見募集対象: 「エネルギー・環境に関する選択肢」
○御意見提出方法
上記の「エネルギー・環境に関する選択肢」をお読みいただき、
氏名(法人や団体等の場合は、その名称)、住所(法人や団体等の場合は、主たる事務所の所在地)
職業、年齢、性別および連絡先(電話番号・メールアドレス)を明記の上、
下記の(1)HP入力、(2)FAX、(3)郵送のいずれかの方法により、
平成24年8月12日(日)18:00までに御提出ください。

なお、メールや電話からの御意見は、受け付けておりません。
(1)HP入力の場合
・御意見が100字を超える場合は、御意見の概要(100字以内)も併せて御入力下さい。
・御意見の入力は、こちら「内閣府共通意見等登録システム」へリンク)
(2) FAXの場合
・御意見が100字を超える場合は、御意見の概要(100字以内)も併せて御提出下さい。
・御意見は専用様式にて御提出下さい。 専用FAX様式は、こちら
(FAX送信先) 03-6368-9460
エネルギー・環境会議事務局
「エネルギー・環境に関する選択肢」に対するパブリックコメント受付係


(3) 郵送の場合
・御意見が100字を超える場合は、御意見の概要(100字以内)も併せて御提出下さい。
・封筒の表面には、必ず「エネルギー・環境に関する選択肢に対する意見」と明記してください。
・御意見は専用様式にて御提出下さい。 専用郵送様式は、→こちら
(郵送先)
〒100-8779 東京都中央区銀座8丁目20-26 郵便事業株式会社 銀座支店留
エネルギー・環境会議事務局
「エネルギー・環境に関する選択肢」に対するパブリックコメント受付係

○御意見提出期限:平成24年8月12日(日)18:00 (必着)
○留意事項
御意見の提出方法や取扱いにつきましては、次の点をあらかじめ御留意願います。
(1)氏名(法人または団体の場合は、その名称)、住所(法人または団体の場合は、主たる事務所の所在地)、職業、年齢、性別および連絡先(電話番号・メールアドレス)を必ず明記してください。(法人または団体の場合、職業、年齢、性別の記入は不要です。)
(2)御意見が100字を超える場合は、御意見の概要(100字以内)も併せて御提出下さい。
(3)頂いた御意見の内容につきましては、氏名、住所、電話番号などの個人情報に当たる事項を除き、公開される可能性があることをあらかじめ御了承願います。
(4)皆様から頂いた御意見に対し、個別にお答えすることはできませんので、御了承願います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: やっちゃんさんへ

ね。ひどい情報操作じゃないかなあ。
番組の初めに51%いた原発0のひとが、終わるときには41%かな、
減っちゃってたでしょう!腹が立って腹が立って!

先ずね、人選が意図的なんじゃないかなあ。金子勝さんはともかくとして、
香山リカさんは脱原発の代表としては、ちょっと弱いですよね。そして、
あの選択肢を決めたメンバーという方3人の中の、原発0の支持者の方、
別に悪くはないんだけど、コストの面から0%を語っても、テレビの前の
多くの一般の人には、情に訴える部分がないと思う。
やはりね、小出先生のように、原発を心から忌むひとに、あそこで語って欲しいですよね。
コストの面にしたって、提供された情報がそもそもおかしいのよ。
2030年のエネルギーがどうなっていて欲しいですか、ということを議論するのなら、
原子力発電のコストをもっと精細に出してみないとおかしいでしょう。
『8.9円~』なんて曖昧な書き方。2030年に福島第一の廃炉にどのくらいかかって、
全国の溜まりに溜まった使用済み核燃料の行き場がどうなっていて、そのためにどのくらい
お金がかかるかも概算ででも計上しなくちゃ。
そして、自然エネルギーのコストも、あの数値、現時点でのたぶん金額でしょ。
今から18年後の2030年には、ものすごい、自然エネルギーは発展していて、
発電コストも安くなっているはず。それも概算でいいから数値出してほしい。
それで比べなきゃあ、今の、自然エネルギーを原子力ムラが寄ってたかって発展阻止してる
状態でのコストで比べたら、勝てないに決まってるじゃない?

そしてね。情けないのはね。20~25%を選ぶ人の意見がね、原子力ムラが
これまで長い時間と膨大なお金をかけて刷り込んできた、自然エネルギーの
ネガテイブなイメージをそのままのことばで意見寄せてきてたことなの。
例えば、『自然エネルギーを言う人は、CO2問題はどうするんだ!』とか、
『電気が止まったら、重病人が死ぬ』とか、『原発0にすると電気代がすごくなって、
企業が潰れる』とか。
実はCO2の問題も、0%シナリオだと23%の削減。15%、20~25%は
どちらのシナリオもCO2削減は25%なのよね~~~。そんなに変わらないじゃん!!!
電気代だって0%だと確かに2倍に跳ね上がるのかもしれないけれど、15%も20~25%も
1.7倍になるのよ~。これも、圧倒的にこっちの2つのシナリオが安いってわけじゃない。
そういうところをね、一般のひとは見ようとしないで、ただネガテイブキャンペーンの
文言をそのまま、自分の意見として書いてくるのよ。
するとそれをテレビで見たひとがまた、『そりゃ大変だ!0%はやっぱりまずいから、
15%ということにしておこう!』となる!!!
で。あの最後のアンケート結果。
ほんとにしてやられましたよ~。まあそういうことになるかもなあと思ってたけど。

『石炭石油の化石燃料は枯渇資源。原発0にして火力発電に頼るわけにはいかない』
って意見書いてきてた人がたくさんいたけど、ウランだって枯渇資源だよ!!!
85年くらいで無くなる。そんなものあてにしてこれから奪い合いしていくことになる。
そのこと私、NHKに意見出したんだけど、2回も書いて送ったけど採用されず。
それって決定的な、『原発には将来頼れないんだ!』って言う大きな理由に
なりうるんだのにね。

山本太郎さんの認識は正しいと私も思います。
原発都民投票は負けたくないから、一所懸命署名集めしたけど、国民投票には
私も最初から懐疑的だった。この国の民は、まだそこまでおとなじゃない…そう思って。
テレビなどの言うことをそのまま信じちゃうのよ~。
国民投票については、またいつか書きます。
NHKのこの番組とパブコメのことは、次にもう一度書こうと思います。
前の記事だけでは、今ここでやっちゃんさんに書いたような具体的なこと書いてなかったから。

おやすみなさい♪  

彼岸花さんこんばんわ

ちょうど今その日暮らしさんとお話し(コメント欄ですけど)
してたのです。 そのことで。
「ああ、またしてやられた。」
と思いました。テレビに。

そもそもすべての数字があやしい。
あれ見てどうにでも人の心を操作できてしまう。
山本太郎さんが
「まだまだ国民投票は無理だ。」っておっしゃってるの、
その通りだと思うのです。

で、何故日本人はこんな大事故に遭遇してもなお
放射能に無防備なのか、何故こんなにドイツとかと違うのか、と
とつらつら考えると、「映像がない。」からなんじゃないか、と。

例えば恐らく海外メディアはチェルノブイリの深刻な奇形の写真も
全然平気で普通に新聞雑誌、テレビに載せる。
みんなそれを見て判断してると思うんです。
けど日本、絶対載せませんよね。
だからあまりにも無防備、、、。

一般のブロガーさんにもそれはほとんど見かけたことが
ないんです。 載せてる方、、、。
プロのフリージャーナリストさんでも
ほとんど見たことないですもの。
そのあたりが最大の原因なように思えるんです。

だけどそのあたりにこそ真実の問題、
放射能の恐ろしさがあるワケですよね?
やっちゃんは゜チェルノブイリハート」見てから
タガが吹き飛んだ(笑)。










Re: その日暮らしさんへ

その日暮らしさん、こんばんは♪

>  そうですか、こんなことを画策していたのですね。知らなかった。

そうなんですよ~。今日確かめたら7月8日の朝日朝刊7面に4段抜きで政府広報が
確かに出てはいました。でも、パブコメについての記述はなし。
パソコン持ってない人には詳しいことがわからないような広報って何なんでしょうね。

>そもそも、「2030年の時点」などという立て方からしておかしいですね。

そこなんです!選択肢として、即時全原発廃止、というのがあってしかるべきですよね。
一体、2030年まで原発稼働を許すって、国民の誰が決めたでしょう。
0シナリオだって、2030年までは原発動かすよ、ということを暗黙のうちに
強要しているのとこれじゃ同じです。
こういうところが本当に巧妙だなあとあきれてしまいますよね……
これだけ原発いらない!の声が盛り上がっている。
それを、こういうシナリオ示すことで、巧妙に、2030年までは稼働、という
既成事実を作ってるも同然です。

パブコメに参加して、0を選んでおかないと、20~25%なんていうのに
決まっちゃったら大変! でも、パブコメに参加すること自体が、実は
たとえ0シナリオを選んでも、2030年までは動かしていいと認めたことにされかねない、
という矛盾をはらんでいるんです。ほんとにこのやり口には腹が立ちます!

>  意見書には、「直ちに廃炉!」の一言を忘れずに入れておきたいと思います。

これ。忘れないようにしないと、ですね!^^
私も必ず書きます!
パブコメの各選択肢に隠れているまやかしや、今日NHKの『激論 日本のエネルギー』という
番組を見て感じた腹立たしさなど、また記事にしようと思います。

その日暮らしさん、ありがとうございます♪

Re:やっちゃんさんへ

やっちゃんさん。こんばんは。
NHKの『激論 日本のエネルギー』見て、激怒している彼岸花です。
人選からなにから、なんか不満っ!!!!!!
何かね、巧妙な意図を持ったような番組作りでね、原発0を望むひとが
番組前には51%(かな)いたのに、番組の最後じゃ41%に減っちゃったのよ!!

ああもうっ!!!

そうそう。あのね。昨日は私、岩上安身さんのその番組、デモに行く代わりに
見てたんですよ。ほんとにデモ参加者、警察に分断されて、大事なところには
近づけないようなひどい規制のされ方だったらしいの。
でも、ファミリーブロックって言って、赤ちゃんや子供連れのひとは、なるべく
一個所に集まるように主催者が手配している。その一角で、浴衣着た女性たちが
『ふるさと』斉唱していたらしいです♪
これ、広がっていくかもですよ!^^

今月末の29日。国会議事堂をキャンドルで取り囲むデモがまたあるんですが、
そのときは官邸の連中をふるわせるような大きな歌声にしたいなあ!!!

Re: うみそら居士さんへ

うみそら居士さん。こんばんは。
長くて使いづらいと思いますが、どうか適当にカットしてお使いくださいね。

これね。調べていくと、7月8日の新聞に載っていたという情報。で、朝日新聞
調べたところ、確かにその日の朝刊(多摩版)7面の4段抜きで政府広報が出ていました。

こんな感じです。
http://blogs.yahoo.co.jp/hrw_power/9400358.html

でも。パブコメについては記述なし。しかもこれ、パソコンやらないひとには
何の役にも立たない広報です。こんなもので、一応新聞広告打ちましたよ、と言いたいのかな。
『国民的議論』と大上段に振りかざすのなら、本当は少なくとも1年2年、考えられる限りの
正直な情報を国民に示して、十二分な議論をおこなった上で、選択させるべきですよね。
今日、NHKの『激論 日本のエネルギー』というのを見ていたのですが、ひどかったです。
まず人選が悪い。コストのことばかりに議論の焦点を合わせて、原発の危険性、福島事故の
教訓などにはほとんど触れない。
でも、そこで誰だったかな、言ってました。ドイツの知人に「日本でこういう国民的議論を
一カ月かけてやるんだ」と話したら、大笑いされたと。「ぼくたちは10年20年かけて
真剣に議論してきた」と。

この不自然な拙速の『国民的議論』とやらは、なにか胡散臭さを感じますね。
馬淵澄夫氏が言う通り、これは、9月に予定されている民主党代表選の前に、エネルギー戦略を
決めておいて、それを争点にしないようにしようとの姑息な意志があるのかもしれません。
馬淵氏などは脱原発議員ですから、総理に立候補しても、エネルギーのことはそれはもう
8月に決定したことだから、と争点にされにくくなってしまうでしょう…
それと、官邸前デモの勢いが、全国に広がらないうちに、という思惑も大きいんじゃないかな、と
私自身は考えています。
いずれにしても、姑息な、奇妙な、今回の政府のやり口。本当に信用できません。

> もう、やり口がいつも一緒。組織動員で15%とか25%とかバンバン書かせて、
> 結論は「国民は原発を望んでいます!やったね♪」って(笑)

私もそれを恐れています。ここには、実はもっと薄汚い工作が隠されているんですけれど
(2030年まで、などではなく、即時撤廃という選択肢がそもそもないことなど)
まずこの告知のしかたでは、気づかないひとが多いと思うし、気付いても、なにか
数値だけが強調されてその実態が見えないので、おおくのひとは中庸を取って
15%を選択してしまうでしょうねえ。人間は表向きだけ見て無難なところを選びがちですから。

> 外国ではヘタレで、国民をだますことだけ狡猾じゃあ話になりませんよね?

ほんとに!ほんとに外国ではへタレ!アメリカの思惑を先走りして迎えようとするポチ。
でも、国民を欺くことには、この上なく巧妙です。
ほんとに、国民がしっかり見ていないとだめですね。^^

ありがとうございます。

No title

 こんばんは!

 そうですか、こんなことを画策していたのですね。知らなかった。
 そもそも、「2030年の時点」などという立て方からしておかしいですね。この頃には、この国ではもう「原発」を必要とする条件がなくなっているかもしれません。現在の原発依存の電力企業でさえも、進んで「原発」から撤退していることも考えられます。核武装化の問題を別にすれば、彼らは単に金儲けのために「原発」を動かしているだけですから。

 要するに、これは、「少なくとも2030年までは引き続き原発を推進するが、参考までに2030年の時点での原発への好ましい依存度について意見を聞いておいてやる。この方針を認めたうえで、事故などの原発がもたらすリスクについては国民の皆さんの自己責任ということで引き受けてもらいたい。この間に増え続けていく使用済み核燃料の処理にかかる費用も、今後の原発の廃炉作業にかかるそれも増税などでしっかりと対処させてもらう。全てこちらが決めることだ。」などと言っているように思います。

 意見書には、「直ちに廃炉!」の一言を忘れずに入れておきたいと思います。

No title

彼岸花さんこんにちわ
「故郷作戦」はもしかして思った以上に
認知されてるかも、、、。
この岩上さんのツイートなんですが、
この方はたしかジャーナリストで
USTREAMの方じゃなかったですか?

「岩上安身‏@iwakamiyasumi
ああ、ふるさとが歌われたんだ。。 RT @kaokou11:
今日は財務省上交差点を霞が関方向に誘導されて、
官邸前の状況は全く分からず仕舞い。
だけど、後ろの方から「ふるさと」の大合唱が聞こえてきて思わず嗚咽。
近くにいた女性が首から下げていた「福島を返せ」のプラカードにまた涙。」


No title

彼岸花さん、ご快諾くださってありがとうございます。
近いうちに転載させていただきますね♪

パブコメの告知については、少なくとも私は見たことがありません。
これほどの大問題を、国民的議論で決めるというならば、
政府公報とか新聞の号外とか…そのくらいやらなければ全然ダメですよね?

要は…例によって猿芝居の一環ということなんでしょう。
もう、やり口がいつも一緒。組織動員で15%とか25%とかバンバン書かせて、
結論は「国民は原発を望んでいます!やったね♪」って(笑)

しかし、まだだませると思っているあたりが逆にすごい!
そういう面の皮の厚さを、外交とかに活かしていけばいいのに…
外国ではヘタレで、国民をだますことだけ狡猾じゃあ話になりませんよね?

ありがとうございました。合掌

Re: lily姫さんへ

lily姫さん。お疲れ様~♪
ううん。そんなことない。lily姫さんの言葉はいつも、真実味からくる強い力が
あります。私のように長く書けばいいってもんじゃないと思います。
これもね、何回も削ろうとやってみたんだけど、ちっとも短くできない。
もっとシンプルに要点だけ伝えた方が説得力あるってわかってるのにな。

lilyちゃん、お仕事もなさってて、疲れすぎないようにしてね。
こういう文書くってすごくエネルギー使うから……私も時々体と心が悲鳴あげます。i-182

おっと!NHKね! 了解了解……。
『激論!ニッポンのエネルギー』で検索したら、そのサイトが出て来たので、今
意見を送っておきました~!^^
70字という少ない文字数に収めるのは、私には拷問に似た作業でした!(笑)
パブコメの1000字だって短いなあと思っているのに。

貴重な情報ありがとう、lilyちゃん。
こうやって、一つの声でも多く、意見を言っていくと、大きな力になるわね。
今晩9時からNHK見ま~す。lilyちゃんや皆さんの姿を思い浮かべながら見ます♪

No title

私もパブコメについて書いてる途中でしたあ
でも彼岸花さんみたいに、みんなに強く伝わるようには書けません(^^ゞ
私の記事内に、彼岸花さんのこの記事をリンクさせても構いませんか?
今日も仕事なので、記事の続きはまた先送り・・・
短い記事なのに、なかなか書き終わりません i-201


あ、そうそう 彼岸花さん
今夜のNHK特集も、意見受付をしています
テーマは、「激論!ニッポンのエネルギー」です
パブコメの3つの選択肢についての議論もあるみたいです
大きなことはできない私だけど、意思表示できるチャンスがあれば、
小さな声でも届けたいと思って、夕べ、意見を送ってみました
意見受付、まだやってるのかなあ?
確認しないまま、コメントしています、スミマセ~ン

Re: やっちゃんさんへ

やっちゃんさん。こんばんは~♪
これね。広報のしかたがひどいですよね。
私も、河野太郎さんのtwitter 見なければ、知らずに過ごしちゃうところでした。

一応、電子政府の総合窓口(E-Gov)なんてので、パブリックコメント募集の一覧が
見られるようにはなってるんですよ。でも、そんなの、専門家でもなけりゃ見ないですよね。
新聞とかNHKで国民に知らせたのかなあ。私は河野太郎さんのツィート見るまで
全然気がつきませんでした。

頭にくるわよね!これで『国民の意見を聞きました!』ということにされてはたまらないです。
『0%だと電気代は2倍!』って、御用マスコミがそこだけ取り上げて見出しにする。
ほんとは15~35%だって、1.7倍になるのに。
知らないひとは2倍!そりゃ大変だ!というので、中庸を好んで15%を
選択するでしょう。すると、政府は脱原発の努力は全然しない、それどころか、
老朽化した基を50年60年と稼働させていく、ということになるのでしょうからね。

60年と言えば、彼岸花さんが4歳の時から今までだよ~ん!!!
彼岸花ちゃんが4歳、って言ったら、高原の村の生家ではまだランプを時々
使ってました!彼岸花ちゃんは、モスリンの着物に綿入れの半纏を着て、
ほっぺたを熱でぷっくりさせていたんですよ!虚弱児だったので。
一つの建造物の寿命としては、ぞうっとするくらい長い年月です!
そんな年月、原子炉に稼働を許そうと画策する馬鹿馬鹿政権だもんね。

国民が賢くなって、反対する者は断固反対しなくちゃねっ?
やっちゃんさん、ありがとう~。記事、お好きにお使いくださいね。

Re: うみそら居士さんへ

うみそら居士さん、こんばんは♪

すみません、長くて!(笑)
今、あまりにも長いなあと思い、これから少し、直接関係ないことや
ダブっていることを削ろうかと思っています。
少しすっきりさせますので、どうぞどうぞ転載、お願いいたします。

これ。みなさん、ご存じなのでしょうか…
私はパブコメ、というものの存在を、この4月。瓦礫処理の記事書いてる途中で知りました。
放射性物質汚染対処特措法施行規則改正案に対する意見の募集(パブリックコメント)
http://www.env.go.jp/press_r/15080.html
というもので、これなどわずか一週間のコメント募集でした。
実はこのパブリックコメントというものは、各省庁、また地方自治体などがそれぞれにやっていて、
その数は膨大なのです。だから、いちいちすべてを新聞などで国民に広く告知すると
言うことも不可能なのかもしれないけれど、今回のことの重大性を考えれば、
主要新聞、テレビ局などで広く国民に知らせてほしいですよね。
政府関係のものに限れば、e-Gov(電子政府の総合窓口。http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public
というものがありまして、そこには各省庁画募集しているパブコメの一覧が載っているんです。
でも…こんなもの、政治家を志向している人とか専門家はともかく、普通のひとは見ませんよね。

うみそら居士さんにお伺いしたいと私も思っていたんです。
これ、7月2日からなんですけど、新聞とかNHKで報道したましたでしょうか?

国民的議論、というのなら、そんな特殊な人しか見ないような告知のしかたでなく、
新聞一面を使うくらいの堂々とした政府としての告知をして、広く国民に
意見を募集する、というのでないと、国民的議論なんて言えたものじゃないですよね。
私も、河野太郎さんのつぶやきで、初めて知って、『こりゃ大変!』って思ったんです。
ほんとはことの重大性から考えて、原発国民投票と同じくらいには…、
一年間くらいの情報開示と議論の期間を与えてから行ってもいいくらいの問題だと
思います。
今、普通にやったら、あまり詳しく知らないひとは、バランスを取って
真ん中の15%を選ぶんじゃないでしょうか。
それは、脱原発でもなんでもないのに。
この選択肢決定の過程も、随分いい加減な、姑息な裏の根回しが行われていたようです。
金子勝さんや伴英幸さんが怒っている。
そもそも、選択肢に2030年でなく、今すぐ全原発廃炉の方針、というのが
ないのもおかしいですよね。
2030年ということは、それまでは今ある原発を再稼働するということを
暗黙の前提にして選択肢が決められているようなもので。
本当はそこを厳重に抗議しなければならないのだろうと思います。

うみそら居士さん。記事アップ大変でしょう…^^
どうか、おからだこわさないようになさってくださいね。
いつもありがとうございます。

No title

パプコメ、4うわさは聞いたことが、、、。
わざと人知れず、どっかのHPにひっそり発表されてたとか、、、。
彼岸花さんありがとうございます。
こんなにやっちゃんにもわかりやすく解説して下さって。
すみませんがうみそらさんと同じくやっちゃんも
全文ご紹介させて頂いていいですか?

No title

彼岸花さん、こんばんわ。
素晴らしい記事をありがとうございます。

それにしても、この姑息なやり方…しかもひっそりと。
あ~、まったく腹が立つ(笑)

一人でも多くの人に、このパブコメの事を知ってもらって、
きちんと参加してもらわないと、日本は大変なことになりますね!
この記事…半分ぐらい拙ブログに転載させていただいていいですか?
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード