『7・29 国会大包囲 報告』

急ぎの署名を要する記事を優先したりして、7月29日の国会大包囲キャンドルデモの
ご報告、すっかり遅くなってしまいました。
タイミング失してなんだか気が抜けてしまったけれど、写真だけでもアップしてみましょう。



2012_0729_171202-CIMG7703.jpg

日比谷公園に集結した人々が次次とデモにスタート。
でも、警察の規制があるため、なかなか実際は動けません。ずうっと待機です。
これが5:12ですから、私などは2時間くらい待っていたことになります。

2012_0729_172118-CIMG7706.jpg

これがにっくき東電です!




2012_0729_175457-CIMG7723.jpg


経産省原子力・安全保安院。3階がそうなのだそうです。
いつもデモに参加する時は、体力がないので、シュプレヒコールは若い方に
お任せして黙々と歩く彼岸花ですが、この2つの前では、怒りがおさまらず、
大きな声で『原発いらない!』と叫んじゃいました。


2012_0729_181655-CIMG7740.jpg

これが経産省の本丸です!


2012_0729_181720-CIMG7741.jpg


経産省前の片隅には、よくニュースなどにも出ますが、福島からの女性たちと支援者の皆さんが
テントを組んで、もうずうっと座り込みの抗議をしていらっしゃいます。
私も加わりたい。そっと入口の前に立つと、上品な初老のご婦人が座っておいででした。
頭を下げて会釈を交わします。
ここでは、デモ隊と国会包囲の人々のために、お茶を用意していてくださいました。


2012_0729_183214-CIMG7743.jpg

国会の正面に来ました。


2012_0729_183724-CIMG7745.jpg

日本の『緑の党』がこの日発足!!!


2012_0729_183737-CIMG7746.jpg

議事堂前の広い道路は警官隊や機動隊で厳しく立ち入りが規制されている。
続々と詰めかけるデモ参加者は、両橋の歩道にしか入れません。
この日、主催者発表では、3時半からの集会デモと7時からの国会包囲とで
述べ20万人。ということは、ここに10万人くらいのひとがいたはずですが、
国会周辺の道路の歩道上に詰め込まれて身動きできない、移動も困難という
超すし詰め状態の中では、全体の様子がちっともわかりませんでした。

とにかく人人人人人人…………

広い道路の向こう側に並ぶ人々と、まなざしだけの連帯感…


2012_0729_185500-CIMG7750.jpg

夕暮れが迫り、人々がそれぞれに持ち寄ったキャンドルを灯し始めました。
これは、議事堂正面の道路から外れた横の方の舗道です。


2012_0729_190024-CIMG7752.jpg

早く国会前に着いた人はこうやって場所を確保出来ましたが、私はうろうろ。
空いているように見えますが、樹の下の植え込みの中に入ると、おまわりさんがやって来て
そこにはいちゃいけないって言うの。


2012_0729_190708-CIMG7756.jpg

また、正面の道路に戻ってみましたが、もう身動きできない!
デモの間に持っていってたお水2本は飲み尽くし、お水と空気を求めて
人がきに揉まれながらあっぷあっぷしていました。
何がどこで行われているのかちっともわからない。
ひたすら暑かったです。
持っていっていた豆電球式の提灯は、こんな人垣の中では使えなさそうなので、
私はペンライトを振っていました。



2012_0729_192636-CIMG7764.jpg


すこし向うの方で「おお~~~っ!」というようなどよめきが聞こえたかと思うと、
ついに、正面道路に人が溢れだし始めました。


2012_0729_192717-CIMG7766.jpg


この後の正面道路のもの凄い人の映像は、もう皆さん、ご覧になったのではないかと思います。
あれで全部というわけでは全然ありません。あれは我慢できなくて溢れ出たひとびとだけの映像。
私のように、歩道で立ったままあっぷあっぷしていた人や、歩道の子供たちと一緒にファミリーゾーンに
座っていたお母さんたちやが、一杯いたけれど、樹木の陰で見えなかっただけです。
私は、3時から8時まで5時間の長丁場ではさすがにちょっと体力がもたないと思ったので、
7時40分。国会デモを後にしました……



『この日に見つけたささやかな出来事 』

2012_0729_163556-CIMG7697.jpg


日比谷公園でデモ出発を待っている時、前の女性の帽子にふと来て留まった
セセりチョウ。


2012_0729_165355-CIMG7700.jpg


別の女性の帽子にふと来て留まった、シャボン玉。^^


2012_0729_174853-CIMG7717.jpg


そして、デモの途中の歩道に停めてあった、2台の警察の白い自転車。
すぐ先で交通整理をしていらしたおまわりさんたちの自転車でしょうか。
遠慮がちに、2台が並んで、停めてありました。
どんな人でしょうか…

原発などというもののために、デモする側と規制する側とに分かれていますが
同じ人間同士です。憎み合いたくない。
私はささやかに反原発運動をしてはいますが、推進派のひとをだって、
個々に憎んでいるわけではありません。
ただ、原発はいらない!
そう思うの。


東京でささやかに始まった、この紫陽花革命は、日本の各地に飛び火して、
ついに、野田佳彦首相はこのデモの主催者、首都圏反原発連合の代表者と
来週にも会うことになりました!
おそらく彼は『理解を求める』というようなお決まり文句しか言わないでしょう。

それでも。人々が声を上げれば、なにかが動く!
この大きな、原発いらない!の声は、推進しようとする勢力のブレーキになります。

どこに自分がいて、誰が何をしているのか見えずに、ペンライトをささやかに
振っていただけの私ですが、これからも、抵抗のひとつぶの砂でありたいと思いました。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん。こんばんは。
一体何がおありになったのでしょう…心配です。
落ち着かれましたら、また連絡くださいね。
あまり意味がないと思うけれど、一応おっしゃる通りに、鍵コメは読んだあと
消させていただきますね。
すべてのことが、一日も早く以前の通りに落ち着かれますよう祈っています。


Re: クウ―ママさんへ

クウ―ママさん。ありがとうございます。
一週間も過ぎて、ちょっと間が抜けてしまいましたが、一応
アップしてみました!^^
帽子の上にとまったセセリチョウちゃんの目が大きくて可愛かったでしょう?
日比谷公園の豊かな緑の中、どこからか風に流されるようにとんで来て、
女の方の帽子の上で、しば~らく遊んでたんですよ。
私がカメラ向けてたら、他の方も気づいてカメラ向けて。ご本人の
女の方は何も知らず。^^
その前の7月19日の10万人集会の時は、ライブの会場に
大きな大きな、鳥かな?と思うほどのアゲハ蝶が飛んで来て、じっと羽を休めて、
激しい反原発の歌を聴いていましたよ!^^

本当はあれも書きたい、これも書かなくちゃ!と思うことがたくさんあるのですが、
エネルギーが足りません。いっこ記事書いては、はあはあぜいぜい!(笑)
政治的なこと以外の楽しい記事、美しい記事も書きたいのですが、頭がなかなか
切り替わってくれません。i-241

そう。国民はどんどん賢くなっていっています。政治はそれに追いついてない
という感じですよね。
民衆の力を馬鹿にするな~!ですよねッ?(笑)
クウ―ママさん。ありがとう~~~♪ もう立秋ですよ~♪^^

No title

こんばんわ
写真で見てもどう見ても1万数千人じゃないですのに、恥かしげも無く発表する神経に
思わず笑ってしまいました。 動きが大きくなってきてうれしいですね。
今頃ですが、ほんとにお疲れさまでした。こうして、記事を書くエネルギーにも感服です。
何時もありがとうございます。考え所を教えてもらって有り難く読ませて頂いています。
盛岡のデモも、きっと回を追う毎に人数が増える事でしょう。
一粒の砂でも、歩く意味が有ると信じられるので、行けるだけ行ってきます^^

Re: す―さんへ

すーさん。こんばんは~~~♪
あ~~~~~。お帰りになられて嬉しいです!

す―さんならどういってくださるかなあ、と記事書きながら思うことしばしば
だったんですよ。^^

はい。この今回の一連のデモは、とてもなぜか、一人で参加しても
いごこちがいいです。皆、同じ切迫した想いで集まっていらしてるからでしょうか。
例えば、こんな真夏の暑い日、身動きできないほどくっつきあっていれば、
お互いに汗ばんだ腕とか、普通ならイライラするものでしょうが、
いやな顔などする人がいない。どなたとでも、目が合えば、何となく頬笑みあって、
共感の無言の言葉を交わします。
乳母車のお母さんと赤ちゃんがいれば、「乳母車だから通してやって~!」の声が
自然に出てくる。
私はこのごろ、気持ちは若くているつもりでも、瓶の蓋とか開けるのが
力がなくて苦手になっています。この日も、暑いから途中で買った
熱射病除けの飲料水の蓋開けようとして、開けられなかった。
のどが渇くし、困っちゃって、お隣に立ってらした紳士にお願いして
開けていただきました。^^ …こんなことが自然にできる雰囲気。

運動の問題点をいろいろ上げる人もいるけれど、民衆の中から、こうして世代を問わず
生まれて来たエネルギーは本物じゃないかな~、って思わされます。

それに比べて政治のお粗末さ。3年前の夏、政治を変えようとして、国民が
意志を行使したあの選挙の結果がこれか!と思うと悲しくなってしまいます。
でも、本当は政治家が悪いとばかりは言っていられないですね。
「決められない政治」にしてしまったのは、私たちの投票行動の結果。
ろくな政治家を育ててこなかったのも、政治は国にお任せ、で、
無関心できた私たちにも罪はあると思います。
今、その反省と慙愧の想いから、こうして皆が立ち上がり始めているのではないでしょうか。

そういう、良くも悪くも、大人の姿を見て子どもたちは育ちますよね。
思えば、本当に、その責任は大きいですね。^^

アメリカも、個々人を見れば、親切で優しいいい人が多いのでしょうが、
国と国との関係としてアメリカ、というものを考えるときは、本当に
ある怖さを持った国ですよね!
日本はいつまでたっても、この、アメリカの属国のような心性から抜け出せないんでしょうか…
戦前から戦中の日本のようにやみくもに突っ走るということでなく、
日本という国の、国としてのアイデンテティとは何なのか、という、深い歴史的視点と
人類としての大きな洞察や希望を持った政治家を、これからでも遅くない、
育てていかねばならないとしみじみ思いますね。

すーさん。ありがとうございます!

社会正義

彼岸花さん、こんばんは^^

捏造されるテレビ報道はあっても、ありのままの事実を知らして下さる
記事には頭が下がります。意思表示が素直に出来る人たちの、なかでも
原発はいらないと訴える人たちの行動は、社会正義そのものだと思います。

日本のアメリカ党が、日本人として生まれて来たアメリカ人が、権力で進め
ていることは、やっぱり日本を不幸にします。内面が形に表れることこそ、
摂理なのだから、すべては内面の問題なのだと思うようになりました。

彼岸花さん、お疲れ様でした!お写真、とても臨場感がありました。

東京の子供たちは、きっと大人たちの背中を見つめていることでしょうね。

これからも、とても楽しみにしております。

全ての始まり…愛…お体大切に^^

Re: そらまめさんへ

そらさん、そらさん!今晩は~♪♪♪♪♪

昨日『とりぱん』読み返していて、ちょうどそらまめさんのこと想ってたところでした!
とりのなん子さんって、私の中じゃ、何となくそらさんなのよ~~~。
さっぱりしていてク~ルで、でもほんとは心の中は熱い。^^

ほんとですね~~…
激動の日本…そんな感じです。
良くも悪くも、ダイナミックに動いて行きそうですね。
野田政権はいろんな問題一度に抱えてあっぷあっぷ。もう、原発どころじゃない、って
心の中で思ってるんじゃないですか。お尻に火がついちゃってるから。
でも、『原発どころじゃない』なんてとんでもない。
この国民の大きな『原発はいやだ!』のうねりは、徐々にいろいろなところに
飛び火して行っていますね。デモも全国に飛び火して。
日弁連が、規制委員会の件で声明出したり、宗教界も声上げたり。

政治がどうなっていくのか、私にもまったく読めないです。

ねがわくは、国民の一人一人が、もっと政治に目覚めてほしいです。
自分たちの声は政治に届いて反映される、という、当然の希望と信頼を
もう一度国民自身が取り戻すために。

私たちは、そんな激動する日本に、今、たった今。生きているんですねえ…

ほんと。…しみじみしちゃいますね。
この国を良くしなくっちゃね……。

そらさ~ん!ありがとう~~~~~~♪
そらさんも、夜には冷たいもの飲みすぎないでね~♪

Re: 鍵コメさんへ

鍵コメさん。こんばんは♪
同じですね♪ 何だかうれしいなあ!!!^^
いや~、光栄ですよ!

バッジの件は馬鹿なことをしたものですね。私は敢えて言わないでおこうと思ってたけれど、
ネットではもう細野批判!無神経すぎます。細野さんは、すっかり推進派に
取り込まれちゃいましたね。
菅総理の傍で、あの大変な原発事故の悲惨を間近に経験したはずなのに、彼の今年になってからの
動きは本当にひどいです。
若いのに、政治センスないなあ、と思っちゃいますね。
次世代のホープなら、官僚や既得権益の側に立つのでなく、一番苦しんでいる
被災地の人々の気持ちに寄り添わなくちゃ。
ただお馬鹿な、瓦礫拡散の司令塔みたいになっちゃってどうするの!と
叱りつけてやりたいわ!
野田さんは勿論ですが、ほんとに最悪の政府!

これからもいろいろ教えてくださいね!ありがとうございます!

 

開会式の件とは、私自身は切り離して考えたいですが、


No title

不景気で盛り下がっていた悶々とした時代から一転、脱原発という人々の
思いが熱い血のように日本中を流れカタチを作り、まるで生き物のようです。
激動の日本という感じがします。

これからどんな時代になってゆくのでしょう。

まだまだ暑いです。
お体ご自愛ください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ヘルブラウさんへ

ヘルブラウさん、こんにちは~っ♪

行ってから一週間も過ぎてからの記事アップなので、なんか
間延びしちゃった!(笑)疲れててもこういうものはその日のうちに
書いちゃわないとだめですね。

デモも、6月くらいまでは、自由に移動できてたんですよ~。
どのくらい人がいるかなあって、ずうっと列をたどったりね。
でも規制が厳しくなっちゃって、自分の最初の居場所からなかなか
移動しずらくなっちゃった。禁止されていた広い道路に、人が溢れ出たのは、
市井の人々のエネルギーが爆発したんでしょうね。

この声をきかぬか!と思います。
もっともっとプレッシャーをかけていかねば。
このオリンピック期間中ってほんとに大事と思って、ちょいと頑張っていま~す。

ヘルさん。頼もしい応援、ありがとう~~~~~♪

こんばんわっ!

やはり参加された彼岸花さんがご自分で撮られた写真は
臨場感があってこちらまで伝わってきます。

こういう市井の人々のデモストレーションが
きっといい方向へ導かれると信じています。

Re:相子さまへ

相子さま。こんばんは♪

ありがとうございます。オリンピックの終わるまでのここ1週間ほどが、
日本にとってとっても大事な気がして、動いてみています。
先日はNANTEIさんのところで、署名嘆願にお口添えいただき、
どんなに嬉しかったか知れません。
相子さまが後ろにいてくださると思うと、もう百人力、千人力です!^^

私も、応援してくださる方々の思いを胸に、いつも歩いています。
もともと一人でなんでもするのは平気な方でしたが、デモは、本当に、
なぜかとってもいつも心に温かいものを感じます。
だから、ひとりでも不思議にさびしくないんです~~♪^^

相子さま。ありがとうございます。
は~い♪ 熱中症に気をつけるようにしますね♪
相子お姉さまのお言いつけ、しっかり守りま~す♪^^







 

Re: yokoblueplanetさんへ

こんばんは~♪

はい。日比谷公園からのデモは、1.5キロくらい続いていたと
何処かに書いてあったのを見ましたが、それも確認できない情報なので
一体何人いたのか、参加していてもわからなかったです。
原発はいやだ、再稼働反対、という人々が、こんなにたくさんいるんだぞ、
ということを可視化して、政府や推進寄りの連中に圧力かけたい、と思って、
私なども砂のひとつぶになりに行くのですが、
誰の意志なのか、それを多く見えないようにしよう、少なくしか見えないようにしよう
という意志もまた強力に働いていることを感じます。

そうなんですよね。東京で盛り上がっても、現実の地方選挙では、
やはり、昔からの自民党のセンセイなどの政治地盤というものが
まだ強力に生き残っていて、新人のつけいる場所などない。
多くのご年配の国民は、テレビから情報をおそらく得るのでしょうが、
そのテレビがもうほとんどジャーナリスト魂というものを失くしていますしね。

ほんとに、一人一人が、自分の身内や知り合いのお年寄りに
わかりやすく説明してあげられたらいいんだけど。
政治についてあれこれ気軽に真剣に、日常の中で議論する、という
雰囲気を生み出すのが、その前に大変ですね!

ありがとうございます。どこかで、デモの時、すれ違うこともあるでしょうか?^^

No title

彼岸花さん  今晩は
暑い日が続いておりますが、お疲れになったことでしょう。有難うございました。
オリンピック一色のマスコミはこのデモは軽く流していましたね。
私の知り合いの方々も沢山出掛けております。私は気持ちを託すだけですが、何としても再稼働は撤回して貰いたいと思い続けております。
熱中症にお気をつけて下さいね。

お疲れさまでした!

こんばんは。
大変な人の数ですね~これを1万2~3千人と発表する方も発表する方だと思いますが、バイトを使ってでも確認して発表しようとするマスコミがいないのも大いに気がかりです。
今週になって検察が動き出したり、日弁連が動き出したり、デモ主催者が政府関係者と面談する場が設けられたり、動きが出始めましたね。
選挙の一票を持っている田舎のおじいさん、おばあさんたちに正確な情報が伝わるようにしないと次の選挙が心配ですので、田舎におじいさん、おばあさんのいる方達は率先して原発問題に関してお話しする機会を作って欲しいと願っています。
私も日本にいる間に官邸前、国会前の集会に出かけたいと考えています。
お疲れさまでした!
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード