『キャンドルナイト ⑰』

8月11日。
東日本大震災。福島第一原発事故から17カ月です…。
復興は進んでいるのでしょうか…。

被災地の様子を伝える報道は、本当に少なくなりました。
原発は、福島の教訓など無視して、大飯原発が再稼働されてしまいました。

とってもとっても悲しいことだけれど、
日本は、あの悲劇を経験して、本当は、いい国に生まれ変わらなくちゃいけなかった。
だってそうでしょう。
それでなければ、犠牲になった方になんと言えるでしょう?
日本は、強く雄々しく立ち上がらなくちゃいけなかった。

でも、政治は、逆に悪いほうへ悪いほうへと進んでいっているような気がしてなりません。

そんな!そんな馬鹿なことがあっていいのだろうか!……

私はときに絶句して立ち止まってしまいます。



今晩も、静かに、小さなろうそく立ててみました。


ろうそくのまわりに散らばせてあるのは、いろいろな色の石やガラスです。
娘が中学生くらいの時、なんでか知らないけれど、自分のお小遣いで買ったもの。
家を出るとき、他の数々のこども時代の思い出の品といっしょに置いていった。
もう20年以上も、押し入れの、クッキーの缶の中で眠っていました。

夏ですし。
キャンドルナイトも少し涼しげな感じにしてみましょうか。
掌で遊ばせると、ひんやりと冷たい石やガラスたち。


遠い海を想いましょう…。

海が、悲しいものになってしまった日本。
空が、大地が、せつないものになってしまった日本。

残された私たちが、『よく』生きないで一体どうするのでしょう!
悲劇の前よりうんとうんと賢くならないで一体どうするのでしょう!




2012_0811_205923-CIMG7799.jpg





葉っぱさん、れんげちゃんのバナー。
今月もお借りしますね♪

                         
心ひとつに キャンドルナイト



こちらは、NANTEIさんが、こころをこめてお作りになったバナー。
お借りします。


南亭さんバナー②



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 葉っぱさんへ

葉っぱさん。またバナーお借りしています。
いつもあとでお詫びして済みませ~~ん!

でもね、毎月の習慣になんだかなっちゃった。
静かな心で、小さなろうそくに火を灯すことは、自分を見つめ直すのにも
いいなあって思っています。

はい。8月でもあるし、少し涼しげに、と、砂浜をイメージして
セットしてみました…
海がもう、以前と同じ海に見えなくなってしまったこの国…
せつないです。
もうすぐみたまたちが、2回目の里帰りなんですよね~~~~~……

この国を良くしていかないでどうするの!ってほんとに思うんです。
政治家は、この国を直視してほしい。

葉っぱさん。いつもありがとうございます♪

Re: NANTEIさんへ

NANTEIさん。こんにちは♪
今頃は、もうご先祖のお墓をお参りなさって、おうちでゆっくりくつろいで
いらっしゃるかな。^^

> 「最悪の政権」を読んで、ほんとうに辛かった。
> 真っ暗になりそうでした。
> こんなに次から次と・・・

いつもいつも、重い記事ばかりで申しわけありません。
こんなブログにしていくつもりはこれぽッちもなかったのに、自分で悲しいです!
美しい楽しい記事を書きたい、人生に恋するブログでありたい、と思って
始めたんですけれどね……

> 今日は畑の花を摘んで墓参りに行きます。
> 墓をピカピカに磨いて、心が軽くなればいいな、なんて思ってますが。

ほんとに、ほんとに、申しわけないです。
でも、ご先祖様がそうやって、形としてある、ということはいいですねえ。
私などふるさと喪失者で、兄が故郷の山里のお墓を整理して、自分の終の棲家に決めた
広島に移しましたが、私にとってはそこは郷里ではもうない。
自分の肉体的精神的ルーツをたどることが出来ないというのは、まったく信仰心のない私などにも
やはり少し寂しいことです。

お盆の綺麗ないろどりの落雁のお菓子や、盆提灯がすっごく好きなんですが、
祀る場所も人もない!自分のために買うのはさすがにはばかられるしなあ!(笑)

今月も小さなカメヤマローソク一本。^^
小石やガラスは、本当はもっと緑や赤や、青の色合いが綺麗です。
浜辺の砂に見立ててみました……

いつも勝手にバナー使わせていただいてすみません!i-201
ありがとうございます♪

No title

v-22奇麗な石が、なぜか素直にそう見えない・・・なぜかな

どこかさびしい砂浜の景色に見えてしまう

こういうのって、自分の心が反映して見えちゃうんですよね

またまたお借りしていきますね
オリンピックの陰で、黒いものがうごめいている国
これも悲しい

こんにちは。

「最悪の政権」を読んで、ほんとうに辛かった。
真っ暗になりそうでした。
こんなに次から次と・・・

今日は畑の花を摘んで墓参りに行きます。
墓をピカピカに磨いて、心が軽くなればいいな、なんて思ってますが。

言葉にならない切なさが漂うような、
キャンドルですね。

Re: 愛希穂さんへ

こんばんは♪

そうですね。なんだか、私ね、この7月で、なにかが見えて来た気が
するんですよ。政治というものの正体と言いますか…
政治をあてにしちゃいけないと言うのでしょうか…。

それと同時に、脱原発運動も、7月29日の国会包囲で、一つのピークを
迎えたような気もする…
ここから先が正念場。
政治家も、脱原発運動も、良くも悪くも、ふるいにかけられる時期が
来てるような気がします。
これからは、ただみんなで叫ぶだけではなく、具体的な行動の時かもしれませんね。
パブコメもその一つでしょうし、選挙で、いかに脱原発議員を増やしていくかとか、
原発協力会社の不買運動も含め、実践的な行動が必要な時期に来てるかも。

さて…。どういう勉強が必要なのか、考えてみないと…。
知恵を出し合って行きたいものですね。^^


No title

こんにちは。

被災地の報道は、本当に少なくなりましたね。
報道は少なくなりましたが、忘れまいとしている人々はまだまだ多いですよね。

>残された私たちが、『よく』生きないで一体どうするのでしょう!
悲劇の前よりうんとうんと賢くならないで一体どうするのでしょう!

彼岸花さんのこの言葉が響きます。
政治を見ていたら、あきれること、腹立つことばっかりですが、そんなものに引きずられないで、意地でも「よく、賢く」生きようって思います。
プロフィール

彼岸花さん

Author:彼岸花さん
リンク、トラックバックご自由に。

『しだかれて十薬忿怒の息吐けり』

『南亭雑記』の南亭師から頂戴した句。このブログになんともぴったりな句と思い、使わせていただきます。
十薬とはどくだみのこと。どくだみは踏みしだかれると
鮮烈な香りを発します。その青い香りは、さながら虐げられた若者の体から発する忿怒と抗議のエネルギーのよう。
暑い季節には、この強い歌を入口に掲げて、私も一民衆としての想いを熱く語りましょう。

そして季節は秋。
一足早いけれども、同じく南亭師からいただいた、この冬の句も掲げておきましょう。

『埋火に理不尽を焼べどくだみ荘』

埋火(うずみび)は、寝る前に囲炉裏や火鉢の燠火に灰をかぶせて火が消えてしまわぬようにしておいた炭火などのこと。翌朝またこの小さな火を掻き立てて新たな炭をくべ、朝餉の支度にかかるのです…

ペシャワール会
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/pekai/signup.html
国境なき医師団
http://www.msf.or.jp/donate/?grid=header02
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード